TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > ビジネス文書の基礎力向上講座

オンサイトセミナービジネス文書の基礎力向上講座

1日で変わる文書作成力

ボタン_021

文書作成はビジネスの基礎

文書を作成し発信することは、有効なコミュニケーションをとることに他なりません。特にビジネスの場面では、事案を効率的・効果的に進展させるばかりでなく、相手との信頼関係を築く礎ともなります。

しかしながら世の中には「文書作成は苦手」と感じるビジネスマンが意外なほど多く、文書力の低下は貴重なビジネスチャンスの逸失に繋がっているのが現状です。

本研修では文書の作り方、書き方を教わる(覚える)のではなく、「受け手が知りたいこと」「こちらが伝えたいこと」に焦点をあて、これを伝えるためのポイントを押さえながら、日経ビジネス記事の構造化・要約など、実践を繰り返すことによりスキルと自信を身につけます。

研修の目的・目標

研修対象者

  • 入社2~5年目程度の若手社員
  • 職場で上記社員を指導するOJTリーダー

研修の目的

  • ビジネス文書の意味、内容構成・表現の基本を理解し、仕事に応用する礎とする
  • 文書作成を部下・後輩に指導する際のポイントを会得する

研修の目標

  1. 「文書」の目的と役割を理解し、業務での文書作成に自信を持つ
  2. 相手が読みやすく、分かりやすく、正確な文章が書ける
  3. 指示された文書の目的と意味を理解し、基本的な報告書を的確に作成できる
  4. 目的を持った文書作成のポイントを理解し、後輩の文書作成へのアドバイスができる

ボタン_021

カリキュラム

  • 研修教材 オリジナル教材および 文章力診断システム「SAI」
  • 研修期間 1日間(7時間) ※半日メニューなどカスタマイズのご要望も承ります。
  • 定員 25名 ※ご相談を承ります。

カリキュラム

<午前>

内容及び テーマ・キーワード
■オリエンテーション ライティングの重要性 / 目的思考と相手思考
<個人演習1>
 文書作成:事前課題の確認
事前課題文書をWeb文章力診断システムにより評価・確認する
■講義:コミュニケーション概論 コミュニケーションの基礎 / コミュニケーションの種類 / ライティング(文書化)の意義
<グループ演習1>
個人演習1の成果物についての相互確認
個人演習1の成果についてのグループ内読み合せ(内容・表現についてのディスカッション)
■講義:文章表現 分かり易い(誤解されにくい)文章 / 正確に伝える / 簡潔に表現する
<個人演習2>
提示文章の推敲
1文並びに複数文からなる文章を書き換える
<グループ演習2>
推敲後文章の相互確認
それぞれの成果物の相互確認、指摘・ディスカッション
<個人演習3>
文章の推敲(応用)
個人演習1の文章を自身で推敲する
<グループ演習3>
推敲後文章の相互確認
それぞれの成果物の相互確認、指摘・ディスカッション

 

<午後>

内容及び テーマ・キーワード
■講義:文章構成 論理的思考概論 / 論理思考と文章表現 / 構造化、箇条書き / 各種フレームワークの活用
<個人演習4>
提示文章の要約(構造化・要約)
日経ビジネスの記事を素材に長文を構造化(箇条書き)する、要約する
<グループ演習4>
要約文についての相互確認
それぞれの成果物の相互確認、指摘・ディスカッション
■講義:ビジネス文書 ビジネス文書の種類と目的 / 客観的な事実と根拠を示した意見
<個人演習5>
ヒアリング報告書の作成
ヒアリングした情報を上司向け文書としてまとめる
<グループ演習5>
報告書についての相互確認
それぞれの成果物の相互確認、指摘・ディスカッション
<グループ演習6>
受講報告書の項目洗出し
受講報告書の項目抽出のためのディスカッション
行動計画の立案と受講報告書の作成 個人による受講報告書の作成(行動計画を含む)
■振り返り(まとめ)  

ボタン_021

このページのURLをメール