TOP > 情報誌・記事コンテンツ > 日経アーキテクチュア

日経アーキテクチュア 最新号

発行:日経BP社

最新号 2017年3月23日号

住宅特集 新発想の安全住宅 構造のプロが考える 「安心」 「快適」 の両立空間

新発想の安全住宅 構造のプロが考える 「安心」 「快適」 の両立空間
単一構造を脱し 「適材適所」
プロが考える安全 異素材の混構造で安心とコストの両立を
ステンドグラスで耐震性を向上 早稲田鶴巻町Iビル(東京都新宿区)
プロが考える安全 壊れても回復しやすい構造を提案
敷地内で改良工法を使い分け
長周期対策は 「二重構造」 が主流

News 時事

長野市庁舎のRC外壁にひび割れ 「免震ゴム交換が原因」 の報道に構造家が反論
マンション建設現場でドローン墜落 航空法の改正後、初の人身事故
コンパクトシティの 「顔」 再生ならず
青森市の再開発ビル 「アウガ」 、商業フロアを閉鎖
中古ブランド 「安心R住宅」 を告示化 国交省、既存住宅のネガティブイメージ払拭狙う

News プロジェクト

隈研吾氏がANAのラウンジを監修 和紙で 「雲間」 や 「翼」 を表現、機体インテリアも

News 技術

炭素繊維ロッドで善光寺を耐震改修
搬入の容易さや木材損傷リスクの低さが採用の決め手
ドローンでの避難誘導手法を検証 映像の伝送遅延を抑え、音声誘導の可能性も確認

News 世界

プリツカー賞はスペインのRCRに 土地の特性の取り込みやリサイクル材の活用を評価

フォーカス[建築]

陸前高田市立高田東中学校(岩手県陸前高田市)
海を見下ろす高台に製材の反り屋根を連ねる

特別リポート 進化する世界の環境建築 シンガポール、ドバイ、ドイツに見る政策と技術の動き

進化する世界の環境建築 シンガポール、ドバイ、ドイツに見る政策と技術の動き
酷暑をしのぐ外皮の工夫 熱帯気候を活用したパッシブな建築が続々登場
官主導の規制やイベントで促進 民間施設では独自に壁面緑化を図る動きも
開口部の建材で進む革新 規制強化と支援制度が開発の土壌に

知って得する法令改正

施設改修に生かせる 「用途」 の緩和規定(後編)

今どき 「寸法」 解剖学

住宅の窓まわり(後編) 構造と一体で考え存在感ある開口に

新製品

スプリネックスシリーズ

建築日和

台北で伊東豊雄1日見学旅

読者から/編集部から

「見栄え最優先」 を改めよ

>> 最近の好評記事はこちらから

ボタン_026

  • 毎月第2・第4木曜日発行(年24冊)
  • 購読料金(税込) 1年(24冊)23,300円 3年(72冊)46,600円

このページのURLをメール