日経NETWORK

発行:日経BP社

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

日経NETWORKとセットで役立つ日経 xTECHとは?

技術とビジネスのクロス領域で起こる変革をお伝えするウェブサービス

自動運転、FinTech、デジタルものづくり、i-Construction…「日経 xTECH」は、ITから電子・製造、建築・土木に関わる横断的な技術とビジネスの情報を、専門記者120人が徹底解説するウェブサービスです。毎日70~100本、年間約2万本のオリジナル記事と日経BP社の技術誌9誌がすべてHTMLでお読みいただけます。

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_063

日経NETWORK + 日経 xTECH セット料金 (年12冊)
  • 通常購読コース 31,900円
  • > らくらく購読コース 28,710円(税込)

日経 xTECHがご提供する年間約2万のオリジナル記事

AIウォーズ勃発 AI人材の増員急ぐ製造業、トヨタやパナソニックなど大手18社の方策

自動運転技術の開発にまい進する自動車メーカーを筆頭に、製造業でのAI活用のスピードが加速し幅広い分野でAIへの取り組みが始まった。AI人材の不足も深刻化している。日経コンピュータが実施したアンケート結果を見ると、各社の不足数は数人~数十人。ダイキン工業の150人、パナソニックの数百人など、100人を越す規模で確保を目指す企業もある。各社はどのように獲得・育成に取り組んでいるのか。Aiウォーズの最前線に迫る。

掲載サンプル01
掲載サンプル02 リーフ解体新書

日産自動車の新型EV「リーフ」を評価・分解し、実力を徹底解剖する。 EV走行距離試験の結果は。自動運転機能「プロパイロット」は曲がりがきついカーブやトンネルなどでどのような能力を発揮するのか。さらに、自動ブレーキ機能は夜間、雨、逆光などの厳しい状況でもきちんと作動するか、実機で検証する。また、アクセルペダルを緩めていくだけでクルマを停止できる「e-Pedal」の性能はどうか、充電時間はどう変わったのか調査し、設計思想に迫る。

ITプロジェクト実態調査 2018

日経コンピュータが10年ぶりに実施した独自調査で、1745件に上るシステム導入/刷新プロジェクトのうち、約半数の47.2%が「失敗」──。スケジュール、コスト、満足度の3つの軸から失敗の原因を探る。

IoT住宅、戦国時代

ITベンダー、家電メーカー、住宅会社などIoT住宅の世界で新ビジネスを生み出そうとするプレーヤーは多いものの、狙いはバラバラ。居住者ニーズも置き去りだ。IoT住宅業界の覇権争いに焦点を当てるとともに、IoT住宅普及に向けて本当に必要な取り組みを探る。

未来予測!xTECH成長分野はコレだ

最新技術がいかなる分野で活用され、未来はどうなっていくのか―。AIや自動運転、AR/VRなど最新技術の活用が急ピッチで進む業種業界をクロステック成長分野と定め、今、何が起きているのか、5年後に何が起こるのか、実現の確率はどれくらいか、予測される変革が遅れるとすれば、そのリスクは何かを解説。「AI×インフラ」「IoT×AI×ものづくり」「IoT×アパレル」「自動運転×物流」などの成長分野ごとに、専門記者が独自に未来年表を作る。

Mobile World Congress 2018
掲載サンプル03

2018年2月26日から3月1日にかけて、モバイル業界で世界最大のイベント「Mobile World Congress 2018」

(MWC2018)がスペイン・バルセロナで開催された。端末メーカー大手のスマートフォンをはじめ、5G(第5世代移動通信システム)、IoT(インターネット・オブ・シングズ)、セキュリティ関連の製品/サービスの発表や展示が目白押し。現地から、NWCのポイントやモバイル最新事情を独自の視点で分かりやすく解説する。

歴史的10大トラブル・事故に学ぶ

東日本大震災、笹子トンネル崩落事故、耐震偽装問題、原発事故…。世間を大きく騒がせた大事故や大事件を受けて、企業の取り組みや規制の制度がいかに変わり、そしてその変化が生かされているのか否かなどを徹底的に掘り下げる。

東京大改造2020-五輪に向けて変貌する首都の姿を徹底解剖する-

世界のショーケースとなる東京五輪を前に、建物や街、交通システム、IT・通信が大きく変貌しつつある。大イベントを8K観戦した後に、激安EVで新たに現れた巨大劇場街に乗り付ける――。そんな近未来の東京をのぞいてみよう。

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_063

日経NETWORK + 日経 xTECH セット料金 (年12冊)
  • 通常購読コース 31,900円
  • > らくらく購読コース 28,710円(税込)

さらに、技術系9誌がすべてHTMLでお読みいただけます

技術系専門9誌の掲載記事をHTML版でお読みいただけます。PDFでも月間100ページお読みいただけます。
「日経コンピュータ」「日経SYSTEMS」「日経NETWORK」「日経エレクトロニクス」「日経ものづくり」「日経Automotive」「日経アーキテクチュア」「日経コンストラクション」「日経ホームビルダー」全9雑誌が対象です。

商品画像 日経コンピュータ
商品画像 日経SYSTEMS
商品画像 日経NETWORK
商品画像 日経アーキテクチュア
商品画像 日経コンストラクション
商品画像 日経ホームビルダー
商品画像 日経エレクトロニクス
商品画像 日経ものづくり
商品画像 日経Automotive

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_063

日経NETWORK + 日経 xTECH セット料金 (年12冊)
  • 通常購読コース 31,900円
  • > らくらく購読コース 28,710円(税込)

年間予約購読のご契約について

●ご契約は日経BP社との直接契約となります(冊数契約)。また日経BP社から購読期間・料金等を記載した購読のお礼状をもって、年間予約購読の契約成立とさせていただきます(契約の承諾通知)。

●返品・解約について:新規のお申し込みで、初回号のお届けから2週間以内に解約のお申し出をいただいた場合には、お送りした分は、請求いたしません(行き違いに送本した分も含む)。2週間目以降、お客様のご都合により購読期間中に途中解約される場合、雑誌1冊定価+日経 xTECH有料会員の冊数割金額3,120円(税込み)×お届済み冊数にて精算させていただきます。

●雑誌+日経 xTECH有料会員のセットをお申し込みいただくと、ウェブサービス「日経 xTECH有料会員【雑誌セット定期購読】」「日経 xTECH登録会員(無料)」「日経BP書店マイデータ」「日経NETWORK倶楽部メール」に登録させていただきます。これらのサービスは登録認証基盤として日経IDを利用しており、「日経ID利用規約」および「日経 xTECH有料会員【雑誌セット定期購読】規約」、「日経 xTECH登録会員規約」、「日経BP書店利用規約」、「日経NETWORK倶楽部メール利用規約」を必ずお読みいただき、ご同意のうえお申し込みください。

日経 xTECH有料会員のご契約について

●「日経 xTECH有料会員」は、雑誌記事やオリジナル有料記事等をパソコンやスマートフォンやタブレット等の端末でお読みいただけるサービスです。ご契約1件に対し、サービスを利用するためのIDを1つ付与します。

●利用推奨環境について:本サービスはHTML5に対応したウェブブラウザでご覧いただけます。パソコン、スマートフォンのメーカーサポート対象の主要OS(Windows、iOS、Android)やHTML5対応のブラウザでの動作を検証しておりますが、端末によっては、本サービスをご利用いただけない場合がございます。

●通信料について:本サービスの利用には、インターネットへの接続が必要となります。インターネットの接続に必要となる通信料はお客様のご負担となります。特に、パケット通信につきましては、携帯電話会社が提供するパケット定額サービスへの加入を強くお薦めします。通信契約を申し込んだ国以外で利用する場合、パケット定額サービスが適用されないことがありますのでご注意ください。

個人情報について

ご記入いただいた個人情報は、日経BPマーケティング社「個人情報取得に関するご説明」、日経BP社「個人情報取得に関するご説明」および「日経IDプライバシーポリシー」に基づいて管理します。住所やE-Mailアドレスなどは、日経BPマーケティング社および日経BP社からの事務連絡にも使わせていただきます。なお、これ以外に日経BP社および日経BPグループ会社からの各種ご案内(刊行物、展示会、セミナー等)やアンケート、広告主等の製品やサービスのご案内をさせていただく場合がございます。「特定商取引に関する法律」に基づく表示についてはこちらから、上記の情報をまとめたご説明は、こちらをご確認ください。

 

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_063

日経NETWORK + 日経 xTECH セット料金 (年12冊)
  • 通常購読コース 31,900円
  • > らくらく購読コース 28,710円(税込)
このページのURLをメール