TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > 10/3 働き方改革実践セミナー(福岡)

雑誌ロゴ

10/3 働き方改革実践セミナー(福岡)

ボタン_001

『働き方改革』絶対に押さえておきたい成功の秘訣!

『働き方改革』は、従業員満足と生産性を向上させ、新たな付加価値を創出し企業の持続的成長を実現するための経営戦略です。残業削減だけが目的になってしまうと社員は疲弊し、生産性が落ちる残念な結果になってしまいます。

本セミナーでは、東京で大人気の講師を2名迎え、生産性向上のための武器提供と運用法、人を育てて活かす組織風土づくりなど、働き方改革成功のための秘訣をお教えします。目からウロコ、明日からすぐに実践できる内容です。

働き方改革は各社で取り組み必須のテーマとなっていますが、実は大きな成果をあげられているのは5%~11%の企業だけというアンケート結果があります。課題(壁)を認識せずに働き方改革を進めても大きな成果はあがらず、推進する人事総務は経営層と現場の板挟みとなり、泥沼の働き方改革の推進を余儀なくされます。下記枠内の、働き方改革を推進するときに生じる課題のうち、3つ以上該当する企業様はぜひご参加ください。

『働き方改革』が進まない9つの壁 ※3つ以上チェックが入ればすぐセミナーへ!

  • 働き方改革の目的とゴールイメージがなかなか浸透しない
  • なぜ今、働き方を変えなければいけないのか、社員に納得してもらえていない
  • 早帰りデーなどの施策が形骸化してしまっている
  • 働き方を変える、残業を減らせる具体的な方法は現場任せになっている
  • 残業を減らすと、そのまま残業代も減ってしまうので、ブレーキがかかってしまう
  • 働き方改革に取り組む際のルールが不明確になっている
  • そもそも、働き方なんて変えられない、残業も減らせないと現場が諦めモードになっている
  • 働き方改革の担い手である管理職に、その役割認識がない/忙しすぎて着手できない
  • 経営陣も働き方改革に本気かどうか分からない/役員同士で意見がバラついている
HR総研アンケート
日本CHO協会アンケート

出典:Pro Future株式会社 HR総研

プログラム・講師

基調講演1

「働き方改革」&ダイバーシティ推進を成功させる組織風土改革

  • 働き方改革、ダイバーシティ推進のゴールとは何か
  • 組織風土を変えるために重要な個人の意識改革
  • 限られた時間で成果を出すための原点
  • 女性活躍度=働き方改革推進度
  • 最優先でやるべきは経営者、管理職に求められる「イクボス&人間力」

講師:キャリアコンサルタント、ダイバーシティコンサルタント
植田 寿乃 (うえだ ひさの)

キュー 代表取締役 ダイバーシティコンサルタント 植田 寿乃 氏

1998年独立し、有限会社キューを設立(代表取締役)。キャリアコンサルタント(米国CCE,Inc.認定GCDF-Japan)。「モチベーション・リーダーシップ」「女性リーダーエンカレッジ」など企業研修・講演を年間200日実施。著書に「会社の未来は女性が拓く!」「女性活躍推進 12社のキーパーソンが語るインタビュー集」、「女性活躍推進実践アドバイス」、「30 歳からの幸せになるキャリアの見つけ方」(高橋俊介氏共著)など。

基調講演2

残業を劇的に削減し、生産性を向上。5,000人全社40%の残業削減を成功させた秘訣!

  • 全社的な働き方改革の施策を進めるうえでのポイントは何か?
  • 経営層の本気度を高めるにはどうすればいいか?
  • 現場が受け入れる施策をどう企画・展開するか? 事務局の役割・スタンスは?
  • 削減した残業時間をいかにより生産性を高め儲かる仕事にシフトさせる仕掛けを提供するか?

講師:プロスタンダード 代表取締役社長
若林 雅樹 (わかばやし まさき)

プロスタンダード 若林 雅樹 氏

(株)インテリジェンスに入社し、一貫して人事を経験。全社5,000人の働き方改革プロジェクトを任され、残業時間を大幅に削減。会社設立後は、全社の働き方改革を人事として推進してきた経験を活かし、全社単位での残業削減、生産性向上を支援。著書は「メールはすぐに返信するな。」(KADOKAWA)。また、月刊人事マネジメントにて「全社的な生産性・ワークライフバランス向上活動を“泥臭く”継続・徹底して、大きな成果をあげる方策」を連載。

講演

これからの働き方と人材育成

  • これからの働き方と人材育成
  • 働き方改革の具体的なプランの立て方と進め方

講師:ディ・マネジメント 代表取締役
田中 慶子 (たなか けいこ)

ディ・マネジメント 田中 慶子 氏

リクルートグループ入社後、自己申告制度で事務から営業へ。結婚、出産後はワーキングマザーとして地場企業で育児と仕事を両立。42歳で研修会社に転職し教育業界へ。学生の就職支援や企業の採用、人材育成、組織開発のコンサルティング営業に20年以上携わる。また2014年より女性管理職育成プログラムの開発等従事。2015年5月ディ・マネジメント㈱を設立。企業の組織風土改革を促進するため、ダイバーシティ経営やワークライフバランス研修全般を提供。

※講演内容、講師などプログラムが一部変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。

※講師の急病、天災その他の不可抗力、又はその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

開催概要

<日 時> 2017年10月3日(火)
  • 13:00~17:00(受付開始予定 12:45~)
<対 象> 経営者・管理職・人事総務・労務人材開発担当者
<場 所> 日本経済新聞社西部支社 6階大会議室
  • 〒812-8666
    福岡市博多区博多駅東2-16-1(博多駅より徒歩5分)
<定 員> 50名
<受講料> 10,000円(税込)
※クレジットカードでお支払いください
<特 典>

残業を劇的に削減し、生産性を上げた実績とノウハウが詰まった小冊子『働き方改革実現マニュアル残業削減編』をご来場者全員に進呈いたします。

小冊子『働き方改革実現マニュアル残業削減編』
<共 催> 日経BPマーケティング、ディ・マネジメント、プロスタンダード

 

ボタン_001

このページに関するお問い合わせは、
こちらのお問い合わせフォームにてお願いいたします。

 

このページのURLをメール