TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > 12/5 働き方改革実践ポイントセミナー

雑誌ロゴ

12/5 働き方改革実践ポイントセミナー

ボタン_001

いま、働き方改革とダイバーシティ推進は、企業にとって最重要課題となっています。これまでの日本では、人が組織に適応することが当たり前でした。無理を強いられても文句を言わずに従う社員が理想とされました。しかし、人材が多様化したいまは、組織が人に適応しなければ、優秀な人材を失ってしまいます。どの業界でも人手不足が課題となっている中で、失った人材は容易に補完できるものではありません。そのため、「働き方改革」で個人も組織も意識・行動を変えていく必要があります。

本セミナーでは、高い効率・タイムマネジメント力で「働き方改革」をリードするワーキングマザー、特に時短管理職に焦点をあてて、その意識と仕事術から、企業での取り組み課題や解決策を探ります。
限られた時間で最大限の成果を出すためにどのような工夫をしているか、子育て経験をいかに部下・メンバーの育成に活用しているかなどを具体的にお話しいただきます。

企業の人事・人材育成担当責任者、働き方改革・ダイバーシティ推進責任者はもちろんのこと、経営層や時短勤務中の部下を持つ管理職にもおすすめのセミナーです。ぜひご参加ください。

プログラム・講師

【第1部】

働き方改革の本質とキーパーソンのリードの重要性

講師:
キャリアコンサルタント、
ダイバーシティコンサルタント 
植田 寿乃

  • 働き方改革の背景とゴール
  • 組織風土を変えるために重要な個人の意識改革
  • 限られた時間で素敵な結果を出すためには
  • 女性リーダーは働き方改革を加速させる
  • 育休明けの女性たちこそキーパーソン
キャリアコンサルタント、ダイバーシティコンサルタント 植田 寿乃 氏

キャリアコンサルタント、
ダイバーシティコンサルタント

植田 寿乃 氏

1998年独立し、有限会社キューを設立(代表取締役)。キャリアコンサルタント(米国CCE,Inc.認定GCDF-Japan)。「モチベーション・リーダーシップ」「女性リーダーエンカレッジ」など企業研修・講演を年間200日実施。著書に「会社の未来は女性が拓く!」「女性活躍推進 12社のキーパーソンが語るインタビュー集」、「女性活躍推進実践アドバイス」、「30 歳からの幸せになるキャリアの見つけ方」(高橋俊介氏共著)など

【第2部】

時短管理職&時短チームだから当たり前の「働き方改革」

講師:
オムロン グローバル人財総務本部 企画室
ダイバーシティ推進グループ長 
上村 千絵

  • 6年目を迎えるダイバーシティ推進の歩み
  • 担当当時からの実情と現在進めている取り組み内容
オムロン株式会社 上村 千絵 氏

オムロン株式会社 グローバル人財総務本部 企画室 ダイバーシティ推進グループ長

上村 千絵 氏

1992年オムロン株式会社に入社。購買部、経理部、経営戦略部、人事部と本社スタッフ部門を歴任。2012年 ダイバーシティ推進の専任部門の設置と共に人事部門へ異動。2017年 ダイバーシティ推進グループ長。ワーキングマザー、二女(14歳と7歳)現在、育児短時間勤務マネージャー。

【第3部】パネルディスカッション

「活躍するワーキングマザーの仕事術から企業が学ぶべきこととは」

パネリスト:

  • 上村 千絵 氏(オムロン グローバル人財総務本部 企画室 ダイバーシティ推進グループ長)
  • 小松 多恵子 氏(パナソニック エイジフリー ITソリューション部 ITサポート課 課長)
  • 臼井 淑子 氏(キャリアカウンセラー、社会保険労務士)

モデレーター:

  • 植田 寿乃 氏(キャリアコンサルタント、ダイバーシティコンサルタント)

※講演内容、講師などプログラムが一部変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。

※講師の急病、天災その他の不可抗力、又はその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

開催概要

<日 時>

2017年12月5日(火)

  • 13:00~17:00(受付開始予定 12:45)
<対 象>

経営者・管理職・人事総務・人材開発担当者

<場 所>

リロの会議室 「田町・会議室I」

  • 〒108-0014
    東京都港区芝5-26-24 田町スクエア6階
  • ・JR「田町」駅 徒歩3分
  • ・都営三田線・浅草線「三田」駅 A3出口徒歩2分
<受講料>

10,000円(税込)
※当日、現金でお支払いください(領収書をご用意します)

<主 催>

日経BPマーケティング

ボタン_001

このページに関するお問い合わせは、
こちらのお問い合わせフォームにてお願いいたします。

このページのURLをメール