TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > 「働き方改革」リーダー養成講座(第2期)

「働き方改革」リーダー養成講座(第2期)

個人:生産性と創造性を高める・スピード仕事術

2017年8月9日(水)
13:00~17:30

西村 克己氏 
ナレッジクリエイト代表取締役

概要

仕事の効率化を図るには、個人のレベルでの仕事の進め方の現状を見て、周りがサポートしながら、組織的にレベルアップしていくことが必要です。

第3回では、個人の生産性を高めるうえで重要な①タイムマネジメント②コミュニケーション③企画づくり④情報整理と共有の4つのテーマについて、現状の把握や向上策のポイント、具体的な改善手法を解説します。

各項目のポイントがつかめる演習を交えて、理解を深めていただくと同時に、学んだナレッジと手法を持ち帰り、職場で実践する雛型にできるよう構成しています。

講師の西村氏は富士フイルム時代に生産性向上プロジェクトを担当し、経営コンサルタントに転じてから、累計120冊を超えるビジネス書籍を執筆し、多くの企業で研修講師やコンサルティングに携わり、自ら生産性と創造性の高い働き方を実践されています。

ねらい

●個人の観点から、生産性と創造性を向上させるための基本的な考え方とスキルが学べます。

●タイムマネジメント、コミュニケーション、企画、情報整理の4つの観点からの具体手法を演習を通じて理解します。

●演習内容は、職場に持ち帰り、改革プロジェクトで活用できます。

カリキュラム 講義とワークショップ

1. 仕事をスピーディにする・タイムマネジメント力

●緊急度と重要性による仕事の優先順位づけ

2. 仕事をスムーズに進める・コミュニケーション力

●タイプ分析と分析結果の情報交換

3. 周囲を説得できる・企画力

●A4版1枚の企画書のひな型作成

4. 仕事の密度を上げる・情報整理・共有術

●「発散-収束」で整理する問題意識の共有

思考の基本プロセス
発散でアイデアを出し、収束でアイデアを評価する

●プロセスを共有化する

●決定事項に納得感が高まる

共有

●目的の共有

●問題意識の共有

発散

●各自が提案、アイデア出し競争

●アイデアを昇華させるブレーンストーミング

収束

●解決策を創造する

決定

●合意形成意思決定

共通の見識 合意形成

※内容は一部変更する可能性があります。

講師プロフィール

西村 克己氏

ナレッジクリエイト代表取締役

1982年東京工業大学大学院経営工学科修了。富士フイルムを 経て、90年に日本総合研究所に移り、研究事業本部主任研究員 として経営コンサルティング、社員研修などを多数手がける。 2003年より芝浦工業大学大学院教授を経て08年より客員教 授。現在、昭和ホールディングス社外取締役、株式会社ナレッジ クリエイト代表取締役。専門分野は、経営戦略、戦略思考、プロ ジェクトマネジメント、ロジカルシンキングなど。主な著書に『持 たないで儲ける会社』(講談社+α新書)『ゼロから始めるプロジ ェクトマネジメント大全』(大和書房)『ポーター博士の「競争戦 略」の授業』(かんき出版)『龍馬の「人たらし」力』(日本経済新 聞出版社)など120冊以上。

このページのURLをメール