西日本インカレ2020
西日本インカレ2017

「日経ビジネス」協力のもとで行われる、西日本エリア(中部・近畿・中国・四国・九州)の大学生を対象にした研究発表会です。日頃の大学講義や専門ゼミナールで取り組んでいる研究の成果を社会経験豊富な審査員の方々の前でプレゼンテーションし、直接講評をいただけるという点が、大会の特長です。

【重要なお知らせ(大会開催方法の変更について)】

新型コロナウィルスの状況を鑑み、今年度の西日本インカレ(合同研究会)は、予選会・本選ともにオンライン開催にて実施いたします。

詳細につきましては、以下の追加資料「開催方法変更のお知らせ」をご確認ください。

第11回西日本インカレ(合同研究会)開催方法変更のお知らせ

審査基準など大会の骨子は変えず、これまでどおりみなさまが研究成果を発表され、審査・講評を受けていただく場として実施できるよう準備を進めております。みなさまには研究活動を継続いただきますようお願いいたします。

詳細および今後の事務局からのお知らせにつきましては、参加者ポータルサイトおよび大会公式Twitterを通じて随時ご連絡をいたします。

お問い合わせ等がございまいしたら以下フォームよりご連絡をお願いいたします。

ボタン_021

社会人による審査&フィードバック!

学生だけの大会では協力を得ることが難しい、ビジネスパーソンや大学教員が審査員を務めます。本選へと進んだチームは、「日経ビジネス」編集長(予定)をはじめとした社会経験豊富な審査員より、その場で審査・質疑応答を受け、講評が受けられます。また、審査員からの講評を全参加チームに対してフィードバックいたします。

大会結果を、「日経ビジネス」本誌とWebサイトに掲載!

上位入賞チームの個人名、写真などが「日経ビジネス」の誌面上に掲載されます。さらに、国内経済誌で、購読者数No.1の「日経ビジネス電子版」にリンクの特設サイトに、皆さんの大学、チーム名や研究資料が掲載されます(予定)。

情報活用力が身につく!
物事を多角的に考える視点が身につく!

ゼミやチームの仲間と共に、1つの目標に向かって取り組むことの大切さや難しさが、あなたの成長を促します。また、学内発表では味わえない、普段触れることのない他大学の研究発表を聴講することで、自身の視野を広げることができます。

 
掲載例

掲載はいずれも予定です。

西日本インカレに参加してチームワーク・情報活用力を身につけよう!

西日本インカレに参加してチームワーク情報活用力を身につけよう!
「日経ビジネス」が役立つ3つのポイント
参加費用
大会の概要
大会の概要1
大会の概要2
大会スケジュール
審査基準

参加申込は大会HPから

参加申込
参加費用のお支払い
「日経ビジネス電子版」の購読開始
大会までの事務連絡

※大会概要、スケジュールは予定です。変更となる場合は、参加チーム代表者へ事務局よりご連絡いたします。

昨年の大会結果はこちら!

参加条件

中部地方以西の大学生(大学院生は除く)で、大会参加メンバー全員の「日経ビジネス電子版」の購読が参加条件となります。
※参加メンバーが5名なら5名分、10名なら10名分の購読申込が必要となります。

受付は先着順、上限90チームとさせていただきます。お申し込みはお早めにお願い申し上げます。

お申し込み方法

参加チームの代表者の方は、以下の「申込書を入手」ボタンから「大会参加要項と専用Excelファイル」をダウンロードして、参加チーム全員分の情報を入力してください。
※ファイル名は変更せずにそのままアップロードしてください。

ボタン_051

「専用Excelファイル」の入力が完了したら、以下の「お申し込み」ボタンをクリックして、「参加チーム名」、「代表者メールアドレス」を入力のうえ、入力済の「専用Excelファイル」をアップロードしてください。

※本年度大会のお申し込みは終了いたしました。

アップロードが正常に受け付けられると、ご登録いただいた代表者、副代表者、ご担当教員様宛に「大会エントリーと手続きのお知らせ」メールが自動送信されます。

参加費用のお支払いに関するご案内や今後の流れが記載されております。内容をよくご確認のうえ、指定の期日までにお振り込みをお願いいたします。

このページに関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームにてお願いいたします。

当サイト内におけるすべての文章、画像、資料の無断転載・複製を禁じます。
Copyright(C) Nikkei BP Marketing,inc. All Rights Reserved.