ロボットの未来 2019-2028

ロボットの未来 2019-2028

2035年、国内ロボッ卜市場は現在の6倍の10兆円ヘ

  • ■価格
    ○書籍+CD-ROM 本体 300,000円+税
    ○オンラインサービス(1年)セット
     本体 450,000円+税
    (経理処理のご相談はこちらから)
  • ■発行日:2018年12月28日
  • ■レポート:A4判 約400ページ
  • ■CD-ROM:本体掲載の図表を収録
  • ■発行:日経BP社

■監修:園田展人 EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 ジャパン デジタルストラテジー・アンド・イノベーションリーダー/アソシエートパートナー

■著者(代表):目黒文子 EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 デジタルストラテジー アンド イノベーション マネージャー

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_001

ボタン_018

既成概念を破壊するロボットが誕生
あらゆる産業を巻き込み新市場を創出する

2035年、国内ロボット市場は現在の6倍の10兆円に迫ると予測されているようにロボットは目覚しい進化を遂げ、あらゆる産業に革命的な変化を引き起こしていく可能性があります。

これからも人工知能やIoTといった最新技術を取り込みさらに高度な知能と機能を獲得し既成概念を破壊するロボットが誕生します。次世代のロボットが社会と産業をどう変えるのか、新たな事業機会はどこにあるのか、その鍵を握る11の機能と21の新ビジネスを予測します。

さらに2019年版では未来に登場するロボット新ビジネスの可能性に加え、現在ビジネスを変えつつある新たなロボット技術の概要と、内外の主なプレイヤーリストを加えました。「いま起こりつつある未来」を実感いただけます。

「ロボットの未来2019-2028」目次

タイトルをタップすると詳細を表示します。

  • 1-1 本章の構成
  • 1-2 主要国・地域のロボット関連政策
  • 1-3 各領域における日米欧の投資状況
  • 2-1 本章の構成
  • 2-2 自動運転
  • 2-3 製造・物流
  • 2-4 医療
  • 2-5 軍事
  • 3-1 本章の構成
  • 3-2 自動運転
  • 3-3 製造・物流
  • 3-4 医療
  • 3-5 軍事
  • 4-1 本章の構成
  • 4-2 不慣れな場所でも目的地に到着できる
  • 4-3 人や障害物に囲まれていても、ぶつからず移動できる
  • 4-4 目的を達成するために複数の選択肢を吟味できる
  • 4-5 行動を通じて物理法則を直観的に理解する
  • 4-6 暗黙のルールを理解し、阿吽の呼吸で行動ができる
  • 4-7 なじみのない道具の機能を理解でき、操作できる
  • 4-8 文脈を理解して曖昧な要求に答えられる
  • 4-9 人の快・不快を理解できる
  • 4-10 人のユーモアや感情表現を理解できる
  • 4-11 人に分かりやすく説明できる
  • 4-12 人の行動心理を理解できる
  • 5-1 本章の構成
  • 5-2 従来作業の効率化による収益化
  • 5-3 新しい社会制度構築からの収益化
  • 5-4 個の理解からの収益化
  • 5-5 個の拡張による収益化
  • 5-6 個の共感からの収益化
  • 6-1 本章の構成
  • 6-2 自動車・輸送機器産業への影響
  • 6-3 電子・電気・機械産業への影響
  • 6-4 IT・メディア・コンテンツ産業への影響
  • 6-5 医療・美容・健康への影響
  • 6-6 素形材・化学産業への影響
  • 6-7 衣料・インテリア・雑貨産業への影響
  • 6-8 農業・食品産業への影響
  • 6-9 インフラ・建築・エネルギーへの影響
  • 6-10 流通・サービス産業への影響
  • 6-11 金融・保険・不動産産業への影響
  • 6-12 政府・NPO・NGOへの影響
  • 〈事務作業の自動化〉
  • 1-1 概要
  • 1-2 主要プレイヤー
  • 〈手書き文字の高精度認識及び分類の自動化〉
  • 2-1 概要
  • 2-2 主要プレイヤー
  • 〈問い合わせ対応の自動化〉
  • 3-1 概要
  • 3-2 主要プレイヤー

ご購入検討用に、本レポートの内容を実際にご確認いただくことができます

事前に本レポートの閲覧を希望される場合は、「資料請求・お問い合わせ」フォームの「お問い合わせ内容」欄に "閲覧希望" とご入力のうえご連絡ください。折り返し、小社営業担当者からご連絡させていただきます。

活用事例をご紹介します

未来予測の調査・研究レポートで事業創出 / ユニアデックス株式会社

ユニアデックス株式会社様では、未来予測を担う新部門として「未来サービス研究所」を創設。その事業をサポートする調査資料として日経BP未来研究所『メガトレンド』を採用しました。膨大な文献や統計データを独自の視点で分析した未来予測情報を活かして、新たな企業戦略立案や新事業創出に挑んでいます。

詳しく見る

ボタン_001

ボタン_018

この商品にご関心の方にお薦めします

このページのURLをメール