日経DUAL 法人会員

日経BP社からの委託事業です。

日経DUAL とは?

「日経DUAL」は、子育て中の忙しい共働き夫婦(=デュアラー)に向けて、育児と仕事の両立やマネー、住宅など、幅広い情報を提供するウェブサイトです。

日本国内で59%、今後も増え続けると言われる共働き世帯。「日経DUAL」は、2017年6月現在で、会員数約15万人、月刊PV400万、ユニークブラウザ数約100万の将来有望なメディアです。

お知らせ:2018年度調査にエントリーしてみませんか?

2018年度「共働き子育てしやすい企業ランキング」へのエントリー(自薦)にご興味をお持ちの企業の方は、こちらのフォーマットから必要項目をご回答ください。2018年の夏ごろに調査表を配信させていただきます。皆さまのエントリーをお待ちしております。

「2018共働き子育てしやすい企業ランキング 調査表依頼予約フォーム」

「日経DUAL」のウェブサイトはこちらでご確認ください。

日経DUALロゴ

サポートプログラム 概要

  • 対  象:日経DUALの主旨にご賛同いただける企業様
    ※審査のうえ、お断りさせていたく場合もございます。
  • 募集数:30社
  • 契約期間:1年間(4月~3月)
  • 更  新:毎年4月1日を予定
  • 会  費:120万円/年(税別)

日経DUALは2013年創刊以来、仕事と子育てが両立しやすい社会を目指し、ワーキングママとパパのための有益な情報を日々提供してきました。今回これらの取材を通じ培ってきたノウハウや情報を、個人だけでなく、企業全体を通じて活用いただける形にすることで、周囲を巻き込み、多様な人材が活躍しやすい社会へと、さらなる進展の手助けになりたいと日経DUALは考えています。

本プログラムにご参加いただければ、

  • ●男性の「育児休暇」取得の促進
  • ●「長時間労働」を削減するための具体的な研修の実施
  • ●「働き方改革」を推進する部署と、現場との意識のギャップを埋める

など、「働く意識・風土」の変革に大きな効果をもたらします。

【画像をクリックして拡大表示 ↓】

サポートプログラムチャート

サポートプログラム メニュー

①専用メルマガ「働き方改革」サポートプログラム会員通信

日経DUAL編集部から、1.育児中のママ、パパ、2.管理職向け、3.人事部門がそれぞれに今読んでおきたい記事を紹介する、法人会員企業様向けの特別なメールマガジンです。毎月1回、20日前後にメールでご担当者あてにお送りします。社内報や社員向けメールのネタとして、またイントラに掲載する記事選択の参考にお使いください。

②日経DUAL主催勉強会へのご招待

他社事例セミナーへのご招待

事例セミナー

企業の人事・組織戦略・人材関連サービスのための専門イベント「ヒューマンキャピタル」(毎年6月)内で開催する、日経DUAL主催の事例セミナーへ、最大2名様までご招待します。

「共働き子育てしやすい街・企業ランキング」表彰式、シンポジウムへのご招待

シンポジウム

「少子化問題」と、「ワークライフバランスを保ちながら生産性高く働くための働き方改革」という2つの視点から優秀な企業を発表、紹介するシンポジウムへ、最大3名までご招待します。(2018年は11月30日予定)

「イクボス研修」社内講師養成セミナーへのご招待

書籍『イクボスの教科書』(2017年6月発売)を使い、管理職向け研修を社内で実施できるようになるセミナーです。イクボス研修の内製化が可能です。講師として説明する際のポイントや、グループワークの誘導方法など、研修を進めるうえでの注意点をマニュアル付きで提供・解説します。
ひとりあたり受講料3万円のところ、最大2名まで無料でご参加いただけます。

③イントラネットでの日経DUAL有料記事掲載

日経DUALの記事は約5000本。その中から、有料会員限定記事も含め、社内で共有することが可能です。育休社員向けの情報ページ等へのアクセス強化にもつながります。

通常、社内向けサイト(イントラネット)で記事を使用したい場合は、弊社著作権窓口への許諾書類の申請と、都度のご利用料金のお支払が必要です。ですが、法人会員であれば特別な申請は必要なく、コンプライアンス的にも安心してご利用いただけます。

  • 記事提供には、日経BPビズボードのシステムを利用します。利用環境や制限などは「日経BPビズボード利用規約」に準じます。
  • 提供する記事は、1記事1ページで完結。広告の出ない専用の画面でお読みいただけます。
  • 1か月あたり20記事まで利用可能です。テーマカテゴリー別や読者対象者別など、記事の選定はご相談ください。li>
日経DUAL有料記事掲載

④取り組み紹介による社外への情報発信サポート

日経DUAL「働き方改革」サポートプログラム参加認定マークの利用・掲示

法人会員企業には、制約社員の活躍にコミットする企業姿勢に敬意を表して『日経DUAL「働き方改革」サポートプログラム参加認定マーク』をお渡しします。コーポレートサイトや名刺などに掲示いただき、社内外への情報発信にご利用ください。

日経DUAL「働き方改革」サポートプログラム参加認定マーク

日経DUAL特設サイトでのご紹介

法人会員の企業様を紹介する特設サイトを制作中です。参加企業様の社名ロゴやお取組内容の掲出を予定しています。(2018年リリース予定)

日本経済新聞「日経ウーマノミクス・プロジェクト」コーポレートパートナーとしてご紹介

「日経ウーマノミクス・プロジェクト(NWP)」は、日経グループを挙げて女性の社会参画を応援する活動の総称で、2013年の春からスタートした活動です。2017年12月現在約18万人の女性が会員として登録しています。この公式サイト上での社名ロゴの年間掲出、WOMAN EXPO(東京、福岡)など主要イベントへのご招待、来場者への資料配布、会員へのアンケートの実施が可能になります。

※「日経ウーマノミクス・プロジェクト」公式サイト

  • 日経DUAL特設サイト日経DUAL特設サイト
  • 日経ウーマノミクス公式サイト日経ウーマノミクス
    公式サイト

⑤e-ラーニング教材のご提供

日経DUALがこれまで取材してきたノウハウをeラーニング化した、法人会員企業だけに提供するプログラムです。貴社情報の追加加工もできるよう、eラーニング教材データはPPTまたはPDFで提供します。
※法人会員契約期間中は、受講人数の制限なしでいつでもご利用いただけます。

【管理職向け】イクボス養成講座

書籍「イクボスの教科書」をベースに、イクボスが必要性の認識や法律的な知識、生産性向上、残業削減につながるメソッドなどを履修できます。

【子どもが生まれる男性社員向け】パパ育休の取り方、過ごし方完全マニュアル

仕組みは作ったけど取得がなかなか進まない企業にうってつけです。各種制度や給付金、育休中の「やることリスト」、育休取得へ向けた上司への切り出し方など、育休取得に対する不安を取り除きます。

【産休・育休中社員、育児両立中の社員向け】ワンオペ育児からの脱出法

完全職場復帰を果たすには、夫婦でいかに協力体制が作れるかにかかっています。この教材では、現状と照らし合わせ、夫のタイプ別に具体的ノウハウを取得します。

⑥公開セミナー 「イクボス養成講座」へのご招待

eラーニング「イクボス養成講座」のリアル研修です。書籍「イクボスの教科書」をベースに、イクボスが必要性の認識や法律的な知識、生産性向上、残業削減につながるメソッドなどを履修できます。

⑦有料会員向けQ&Aデータベース「教えて!両立の知恵」のご利用

共働き夫婦向けの両立ノウハウを集めました。「保活」「復帰準備」「保育園」「病気」「学童保育」など、共働きならではの悩みに必要な情報を探せます。知っておくと必ず役に立つ、知恵と工夫が満載の214項目に及ぶQ&A集です。人事担当者が相談を受けた際の手軽な参考資料としても打って付けです。

<収録カテゴリー>

【妊活】【保活】【育休中】【子育て】【保育園】【復帰後】【学童保育】【小1の壁】【病気】【アレルギー】

  • みんなのラクラク保育園検索1
  • みんなのラクラク保育園検索2

⑧有料会員向けデータベース「みんなのラクラク保育園検索」のご利用

PCやスマホからアクセスし、気軽に活用できると好評を得ている「みんなのラクラク保育園検索」。
認可だけでなく、認証・認定、小規模、こども園まで、全部で7,799 (2017年10月1日現在)の保育園を日経DUALが独自に調査し、収録しています。

1都3県と大阪市を対象に、「自宅から近いのはどこ?」「延長保育はしている?」「アレルギー対応は?」など、独自の視点で保育園を調べてデータベース化した渾身のサービスです。

詳細情報では、住所や最寄り駅、連絡先や保育時間、定員などを整理しています。
さらには自治体の情報では出ていないことの多い室内や園庭の広さ、園ごとの特徴や方針、年間行事なども調査し、保育園探しに必要な情報として掲載しています。関連リンクも付いているので、情報の確認に便利です。

  • みんなのラクラク保育園検索1
  • みんなのラクラク保育園検索2

ボタン_018

この商品にご関心の方にお薦めします

このページのURLをメール