TOP > ビジネスソリューション > 調査レポート・専門書 > デジタルヘルス未来戦略 ウィズコロナ編

デジタルヘルス未来戦略 ウィズコロナ編

デジタルヘルス未来戦略
ウィズコロナ編

健康・医療・介護のDX全動向有力ベンチャー調査/GAFA戦略/成長分野分析

new

  • ■日経デジタルヘルス編
  • ■2020年10月22日発行
  • ■A4変型判
  • ■日経BP発行
  • ■書籍+オンラインサービスセット本体750,000円+税
    書籍のみ本体500,000円+税
       

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

技術革新が加速する「健康・医療・介護」成長市場「デジタルヘルス」に乗り遅れるな

国産初の「手術支援ロボット」が登場し、病気をアプリで治療する「治療用アプリ」が日本で初めて承認を受けました。医師の診断を支援するAI(人工知能)の活用も進んでいます。「AIが診断を支援し、ロボットで手術、病気はアプリで治療する」という時代が現実になりつつあります。

同時に新型コロナウイルスへの対策として、健康・医療・介護の分野でもデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する動きが活発になってきました。

健康・医療・介護の分野で、ITによって生まれるイノベーションが「デジタルヘルス」の領域です。この成長市場で、新たなビジネスを創出しようとあらゆる業界が動き出しています。チャンスを逃してはなりません。

「デジタルヘルス未来戦略」は、市場、技術、特許、企業、投資の動向を調査・分析し、事業戦略の立案に必要な情報を網羅した他に類を見ないレポートです。
健康・医療・介護の分野で、新ビジネスの創出に挑む皆様が、事業計画を立案・推進する際に必ず役立つ一冊と自負しております。ぜひ、ご活用ください。

特長1 有望マーケットが見える
先行するGAFAや海外ベンチャーの動向を分析

GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)は、ヘルスケア領域でどう動いているのか。4社の戦略を徹底分析

「健康維持・増進」「予知・予防」「診断・治療」「予後・リハビリ・介護」の各領域で、GAFAがどこに出資し、どのような活動をしているかを徹底調査。豊富な図でGAFAの動きを一覧できます。プラットフォーマー4社の強みと戦略を知ったうえで、自社の戦略が立案できます。

米国を中心とする注目すべきベンチャー/スタートアップが新常態にどう対応しているのか。

新常態でヘルスケアの領域でも遠隔化が欠かせなくなっており、新たなサービスの出現やビジネスモデルの再編が加速しています。遠隔での健康管理ツールや3密回避の新サービス、遠隔診断など、注目企業のサービスを図表で解説。新規事業開発に役立てられます。

デジタルヘルスの新規有望マーケットデータベース

リモート・フィットネス、接触感染予防システム、オンライン薬局など、海外ベンチャーが取り組む新たなマーケットとそこに求められる技術要素、関連業界を一覧に。どんな新規マーケットがあるのか、自社の技術や強みをヘルスケア分野に展開できるサービスは何か、今後の成長分野を見極めるのに役立ちます。

特長2 最新技術トレンドがわかる
AIやロボット、アプリなどで急速に進化

「AIが診断を支援し、ロボットで手術、病気はアプリで治療する」が現実に

国産初の「手術支援ロボット」が登場し、病気をアプリで治療する「治療用アプリ」が日本で初めて承認。診断を支援するAIの医療現場への浸透が進んでいます。未来の健康・医療・介護分野を支える最新技術のトレンドを整理しました。刻々と進化する技術の今が分かるとともに、将来に向けた研究開発の計画策定に役立ちます。

ウィズコロナ時代にどのような技術が求められるか

スーパーコンピューターによる治療薬の候補探索、紫外線による新型コロナ不活化技術、ロボットを活用した遠隔PCR検査、デジタル技術による「心の不調」の治療――。国内を中心に開発が進む新型コロナウイルスに立ち向かう技術を紹介。今求められる技術が分かり、自社技術の活用を検討するのに役立ちます。

デジタルヘルス分野の特許を徹底分析
主要企業の戦略や時系列・エリア別の動向がわかる

国内外の特許文献をテキスト解析し、どの領域の特許出願が増えているかなどを明らかに。時系列の変化や米国や欧州、中国などのエリアごとの出願傾向、GAFAなどの主要企業の動向も分析。技術開発の方向性や特許戦略を立案するのに役立ちます。

特長3 国内有望ベンチャーを知る
103社のディレクトリを一挙掲載

資金はどこに集まっているのか

ベンチャーキャピタリストがデジタルヘルス国内ベンチャーの資金調達動向を徹底分析。設立後経過年数別、創業者属性別、また調達金額ランキングや投資家ランキングなど、デジタルヘルス関連の資金の流れが一目でわかります。

業界マップでサービスと企業を分類

消費者向け、医療現場向け、介護施設向けの業界マップでサービスと企業をグルーピング。レッドオーシャン/ブルーオーシャンが一目でわかります。

国内ベンチャー103社の詳細情報がわかる
主要企業の戦略や時系列・エリア別の動向がわかる

各社の事業内容や主要メンバーの経歴、提携の意向、主要な出資先・取引先、従業員数、ステージなどに加え、「新型コロナの事業への影響」「ウィズコロナ時代を見据えた戦略」を新たに追加しました。提携先を選ぶのに役立ちます。

こんな方にお勧めです!

  • 経営企画部門で中期経営計画の立案や提携先を探している方
  • 新規事業開発や研究開発の担当者など、デジタルヘルス分野の最新動向を知りたい方
  • デジタルヘルス分野の有力な投資先、提携先を探している方

「デジタルヘルス未来戦略 ウィズコロナ編」 目次

タイトルをタップすると詳細を表示します。

プロローグ 技術革新で「健康・医療・介護」が変わる

※内容は変更になる場合があります。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

この商品にご関心の方にお薦めします