日経バイオ年鑑 2020

日経バイオ年鑑 2020

ライフサイエンス領域の最新動向をフルカバー

  • 発行:日経BP(日経バイオテク編集部編)
  • 発売:2019年12月16日
  • 934ページ(予定)
  • 購入者特典:日経バイオ年鑑2020 ONLINE版アクセス権

本体価格:90,818円+税

予約特価(2019年12月13日申込分まで)
本体価格: 77,182円+税

ボタン_001

ボタン_021

ヘルスケア産業の破壊的変化を勝機に変える、製薬・バイオ業界の“次の一手”がこの中に。ライフサイエンス領域の最新動向をフルカバー

かつてない難しい経営環境に直面する、日本の製薬・バイオ業界。薬価改定による業績悪化が避けられない中、再生治療や核酸医薬など、新たなモダリティの取り込みが今後の浮沈を左右する。国家戦略にも盛り込まれたPHR(Personal Health Record)への対応も待ったなしだ。

ヘルスケア産業を取り巻くこの破壊的変化の中で、いかに勝機をつかむのか。今後の成長戦略を描くために、ぜひ本書をご活用ください。

 

専門誌記者による、渾身の書き下ろしリポート

2020年版では専門記者によるレポートを一挙に拡充。2020年以降の製薬・バイオ業界がどのように変化していくのか。将来有望な領域について深く掘り下げた、他では読めない日経バイオテクならではの記事を多数収録しました。

10年ぶりの「バイオ戦略」。示された方向性とは

国家として10年ぶりにまとまった「バイオ戦略」。具体的な施策はこれからだが、日本のバイオ産業が狙うべき9つの市場領域が明らかに。有識者のインタビューを交え、どこよりも詳しく解説。

国内大手がこぞって研究に着手。「核酸医薬」の可能性

先行企業は既に創薬基盤技術を確立し、複数のプロジェクトが数年以内の臨床試験入りを見込む。日本発の核酸医薬は世界市場で存在感を示すことができるか―。

国内製薬大手のモダリティ戦略

モダリティが多様化する中で、何を社内に取り込むかは極めて重要な経営判断となっている。国内大手製薬11社のモダリティへのアクセス動向を分析し、新たなモダリティ取り込みの戦略を探る。

米中NGS戦争は勃発するか?

NGS(次世代シーケンサー)市場を制する米イルミナ社を、大型投資と高い技術力で中国BGI社(華大集団)が猛追。近づく100ドルゲノム時代に、日本が選ぶべき道とは。

暗雲漂う日本版癌ゲノム医療

医療機関にも企業にも厳しい値付けでスタートした、保険診療下での癌ゲノム医療。将来は適応拡大に伴って価格を引き下げられる可能性も。癌ゲノム医療を成功させる道筋は描けるのか。

東京五輪への影響は?「遺伝子ドーピング」という魔力

従来の薬物ドーピングと異なり、痕跡を残さずに、選手をデザインできる。ゲノム編集技術を用いた「遺伝子ドーピング」という魔力に、選手や国家は打ち勝つことができるか。

この他にも、必読のレポートを多数収録!

実用化に近づく脳への薬物送達技術

“ポストRAC時代”に入った遺伝子治療

遺伝子治療の“聖地”で開催された米BIO2019

遺伝子治療に商機はあるか

標的蛋白質の構造を安定化するシャペロン薬

米Foundation Medicine社の検査ラボを現場取材

細胞医薬の製造工程の機械化

再生医療向けの細胞の受託製造

発展する環境DNA(eDNA)領域

クライオ電顕で生体分子の3D構造解明が加速

遺伝子組換え作物・食品を巡る国内の動き

平成の薬史 …等

 

バイオ製品別に、研究開発動向を詳説

医薬品から化成品・食品・バイオサービスまで、各種製品別に研究開発の最新動向を解説。競合他社の開発動向はもちろん、市場の成長性についても展望します。企画書、提案書の作成や中期計画の策定などに生かせる情報が満載です。

医薬・診断・医療機器

遺伝子治療/核酸医薬/再生医療/細胞医薬/治療用抗体・融合蛋白質医薬/酵素補充療法/ワクチン/肺癌治療薬/乳癌関連治療薬/胃癌治療薬/膵臓癌治療薬/頭頸部癌治療薬/肝臓癌治療薬/前立腺癌治療薬/腎臓癌治療薬/大腸癌治療薬/膀胱癌治療薬/白血病治療薬/悪性リンパ腫治療薬/多発性骨髄腫治療薬/疼痛治療薬/糖尿病治療薬/肥満症治療薬/非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)治療薬/骨粗鬆症治療薬/アルツハイマー型認知症治療薬/パーキンソン病治療薬/抗うつ薬/抗てんかん薬/統合失調症治療薬/睡眠障害治療薬/多発性硬化症治療薬/筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬/免疫抑制剤/乾癬治療薬/関節リウマチ治療薬/ウイルス感染症治療薬(肝炎ウイルス感染症治療薬)/抗ウイルス薬(抗HIV薬)/抗菌薬/抗血栓薬(抗血小板薬・抗凝固薬・血栓溶解薬)/血液凝固異常症治療薬/アルブミン(輸血・代替血液関連技術)/眼科疾患治療薬/過活動膀胱治療薬/気管支喘息治療薬/慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬/特発性肺線維症治療薬/高血圧治療薬・肺高血圧症治療薬/脂質異常症治療薬/貧血治療薬/便秘症治療薬/炎症性腸疾患治療薬/アトピー性皮膚炎治療薬/バイオシミラー

食品・農林畜産

保健機能食品(特定保健用食品/栄養機能食品/機能性表示食品)/機能性脂質/ポリフェノール/カロテノイド/プロバイオティクス/機能性ペプチド/機能性アミノ酸/大豆食品/プレバイオティクス/βグルカン/農作物/樹木/芝/花/微細藻類/分子農業(農畜水産物による蛋白質生産)/動物用医薬品

化成品・環境

食品添加物/香料/アミノ酸/産業用酵素/高機能素材(蜘蛛の糸など)/高機能化粧品/バイオプラスチック/バイオマスエネルギー/バイオ燃料/バイオレメディエーション

唯一無二の業界データが満載

編集部が国内外の主要製薬企業の決算データを独自の視点で分析し、各社の実力を可視化しました。バイオベンチャーやアカデミアも含めた研究開発の動向が、データから俯瞰できます。市場トレンド調査や政府予算の分析も必読です。

欧米メガファーマの業績レビュー

業界をリードする欧米の主要製薬企業16社について、個別の決算内容を詳細に分析。

掲載企業(順不同)
  • アッヴィ
  • アムジェン
  • アストラゼネカ
  • バイオジェン
  • バイエル
  • セルジーン
  • イーライリリー
  • ロシュ
  • ブリストル・マイヤーズスクイブ
  • ギリアド・サイエンシズ
  • グラクソ・スミスクライン
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン
  • メルク
  • ノバルティス
  • ファイザー
  • サノフィ

国内製薬企業の業績分析とパイプライン

国内大手11社の研究開発動向、製品別収益を詳しく分析。各社の新薬パイプラインも掲載。

掲載企業(順不同)
  • 武田薬品工業
  • アステラス製薬
  • 第一三共
  • エーザイ
  • 大日本住友製薬
  • 田辺三菱製薬
  • 塩野義製薬
  • 小野薬品工業
  • 大塚HD
  • 中外製薬
  • 協和キリン

上場製薬企業31社の業績・研究開発費一覧データも収録。

製品別ランキングやバイオベンチャー、政府予算関連のデータも満載です。

  • 世界の製薬企業収益ランキング(総合/分野別)
  • 世界の医薬品売上高ランキング(総合/領域・企業別)
  • 日本の医薬品売上高ランキング(総合/企業別)
  • 世界の創薬パイプライン分析
  • 国内上場ベンチャーの動向と株価
  • 創薬ベンチャーの開発パイプライン
  • バイオベンチャーの導出契約
  • 製薬企業とバイオベンチャーの年収調査
  • 政府のバイオ関連予算
  • バイオ企業番付
  • 競争的資金配分額ランキング

【購入者限定】本書のONLINE版もご利用いただけます

書籍をご購入いただくと、日経バイオ年鑑の膨大なデータをフル活用できるONLINE版もご利用いただけます。企業名や製品名など様々なキーワードで検索して、本書の各章に掲載された関連情報を漏らさずチェック!ぜひ書籍と共にご活用ください。(ONLINE版の詳しい登録方法は裏面をご確認ください。)

※本書同封のご案内ハガキで登録申請をお願いします。あわせて、「日経バイオテクONLINEメール」を新規ご登録(無料)いたします。週4回程度お届けするメールマガジンです(ご登録済みの場合は、そのままご利用いただけます)。

ボタン_001

ボタン_021