IoTの未来 2018-2027

IoTの未来2018-2027

IoTビジネス創出に役立つ
実用化事例と未来像を
豊富に収録しています

  • ■レポート(A4判、約180ページ)
  • ■CD-ROM(本体掲載の図表を収録)
  • ■監修・著者(代表):園田展人(EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 ディレクター ジャパン・イノベーションリーダー)
  • ■発行:日経BP社
  • ■価格:本体 300,000円+税(経理処理のご相談はこちらから)
  • ■2018年3月23日発行

ボタン_047

ボタン_001

ボタン_018

製造、インフラ、医療、住宅、輸送のIoTビジネスを予測

バズワードとして一般に知られるようになって久しいIoT。しかし、実際にIoTをビジネスに結びつけている日本企業はまだ少ないのが実情です。それはなぜでしょうか。そして、どうすれば「儲かるIoTビジネス」が実現できるのでしょうか。

「IoTの未来2018-2027」は、IoTビジネスを創出するためのヒントとなる情報を満載したレポートです。現在の代表的なIoTビジネスの事例、グローバルにおけるIoTの政策、R&D動向を詳細に分析します。そして、製造、インフラ、医療、住宅、輸送の5領域で、未来に創出されるIoTビジネスを予測します。

1現在の日本・世界の代表的なIoTビジネスを網羅

「自動制御」「予測・最適化」「可視化」などの視点で、製造、インフラ、医療の分野での日本と世界の代表的なIoTビジネスを網羅しています。ここでしか得られない事例が満載です。

2グローバルにおけるIoTの政策、R&D動向を分析

米国、欧州、日本のIoTの政策を調査分析します。また、米国、欧州、日本の研究機関が注力するIoT関連R&D動向を製造、インフラ、医療、住宅、輸送分野別に網羅しています。

3未来に創出されるIoTビジネスを予測

インフラ、医療、住宅、輸送分野において、未来に創出されるIoTビジネス(概要、想定顧客、提供価値、背景要因など)を予測します。新ビジネスを立ち上げるヒントとなる情報が満載です。

IoTの未来 2018-2027 【目次】

タイトルをタップすると詳細を表示します。

  • 2-1. 本章の構成
  • 2-2. 製造領域
  • 2-2-1. 工場の制御
  • 2-2-2. 工場の予測
  • 2-2-3. 工場の可視化
  • 2-2-4. 作業者の制御
  • 2-2-5. 作業者(動作)の予測
  • 2-2-6. 作業者(状態)の可視化
  • 2-3. インフラ領域
  • 2-3-1. 都市インフラの制御
  • 2-3-2. 都市インフラの予測
  • 2-3-3. 都市インフラの可視化
  • 2-3-4. 掘削・建設現場の制御
  • 2-3-5. 掘削・建設現場の予測
  • 2-3-6. 掘削・建設現場の可視化
  • 2-3-7. 現場作業者の制御
  • 2-3-8. 現場作業者(動作)の予測
  • 2-3-9. 現場作業者(状態)の可視化
  • 2-4. 医療領域
  • 2-4-1. 病院の制御
  • 2-4-2. 病院の予測
  • 2-4-3. 病院の可視化
  • 2-4-4. 患者の制御
  • 2-4-5. 患者(動作)の予測
  • 2-4-6. 患者(状態)の可視化
  • 2-4-7. スタッフの制御
  • 2-4-8. スタッフ(動作)の予測
  • 2-4-9. スタッフ(状態)の可視化
  • 2-5. 住宅領域
  • 2-5-1. 生活環境の制御
  • 2-5-2. 生活環境の予測
  • 2-5-3. 生活環境の可視化
  • 2-5-4. 生活者の制御
  • 2-5-5. 生活者(動作)の予測
  • 2-5-6. 生活者(状態)の可視化
  • 2-6. 輸送領域
  • 2-6-1. 輸送の制御
  • 2-6-2. 輸送の予測
  • 2-6-3. 輸送の可視化
  • 2-6-4. 輸送者の制御
  • 2-6-5. 輸送者(動作)の予測
  • 2-6-6. 輸送者(状態)の可視化
  • 3-1. 本章の構成
  • 3-2. 主要国・地域のIoT関連政策
  • 3-2-1. 米国
  • 3-2-2. 欧州
  • 3-2-3. 日本
  • 3-3. 製造領域における主要国・地域の研究機関が注力するIoT R&D
  • 3-3-1. 【欧州】製造から廃棄までの製品状態の可視化
  • 3-3-2. 【日本】所望の性能に基づく製品開発から製造の制御
  • 3-4. インフラ領域における主要国・地域の研究機関が注力するIoT R&D
  • 3-4-1. 【米国】歩行者含む移動体の渋滞予測に基づく信号の制御
  • 3-4-2. 【欧州】欧州のスマートシティ間を結ぶシンクロニシティの実現
  • 3-4-2-1. 都市全体の交通・エネルギー消費・騒音・大気汚染の可視化
  • 3-4-2-2. 騒音の可視化
  • 3-4-2-3. 異常検知に基づく街灯点灯の制御
  • 3-4-2-4. 都市全体の交通の可視化
  • 3-4-3. 【日本】歩行者の動作意図に基づく歩行誘導の最適化
  • 3-4-4. 【日本】歩行者の行動予測に基づく歩行誘導の最適化
  • 3-4-5. 【日本】社会インフラの実時間での異常検知
  • 3-4-6. 【日本】防災・減災のための実時間での局地的気象予測
  • 3-4-7. 【日本】災害時の損害予測および最適な回避方策の推定
  • 3-5. 医療領域における主要国・地域の研究機関が注力するIoT R&D
  • 3-5-1. 【米国】汗中タンパク質変化に基づく病気の検知
  • 3-5-2. 【米国】バイタルデータと状態記録を組み合わせた病気の検知
  • 3-5-3. 【米国】外骨格データに基づく歩行の最適化
  • 3-5-4. 【米国】在宅リハビリテーションの最適化
  • 3-5-5. 【米国】人工器官に接続された患部の状態の可視化
  • 3-5-6. 【日本】触診でしか分からない人の健康状態の可視化
  • 3-5-7. 【日本】人の視線による行動の予測
  • 3-6. 住宅領域における主要国・地域の研究機関が注力するIoT R&D
  • 3-6-1. 【米国】認知症患者の興奮状態の推定
  • 3-6-2. 【米国】ユーザーの日常行動や社会的位置付けに基づく生活習慣改善方法の最適化
  • 3-6-3. 【米国】日常生活からの睡眠阻害要因の推定
  • 3-6-4. 【欧州】欧州におけるアクティブ&ヘルス・エイジングIoTベースソリューション
  • 3-6-4-1. 高齢者の虚弱傾向の予知
  • 3-6-4-2. 迷子や転倒など高齢者の異常行動の予知
  • 3-6-4-3. 高齢者の異常行動の検知
  • 3-6-4-4. 高齢者の行動パターンの可視化
  • 3-6-5. 【日本】人の状態に合わせたロボットの行動の制御
  • 3-7. 輸送領域における主要国・地域の研究機関が注力するIoT R&D
  • 3-7-1. 【欧州】出荷から輸送までの農作物の状態可視化
  • 3-7-2. 【日本】歩行者や様々なモビリティが移動している状況下での自動運転
  • 4-1. 本章の構成
  • 4-2. 製造領域において創出されるビジネス
  • 4-2-1. 未来のIoTビジネスの方向性の俯瞰
  • 4-2-2. 未来に創出が予測されるIoTビジネス
  • 4-2-2-1. プロセス産業におけるR&Dから
    生産までの自動制御
  • 4-2-2-2. プロセス産業におけるR&Dから
    生産までの自動制御支援サービス
  • 4-2-2-3. プロセス産業におけるR&Dから
    生産までの自動制御支援ツール提供サービス
  • 4-2-2-4. 製品ライフサイクルの可視化による
    ユーザーのロイヤルカスタマー化
  • 4-2-2-5. 製品ライフサイクルの可視化による
    ユーザーのロイヤルカスタマー化支援サービス
  • 4-3. インフラ領域において創出されるビジネス
  • 4-3-1. 未来のIoTビジネスの方向性の俯瞰
  • 4-3-2. 未来に創出が予測されるIoTビジネス
  • 4-3-2-1. 信号制御による交通流量最適化サービス
  • 4-3-2-2. 街灯点灯による異変即時周知サービス
  • 4-3-2-3. 地域における歩行誘導
  • 4-3-2-4. 地域における歩行誘導支援サービス
  • 4-3-2-5. 犯罪行為検知・急行サービス
  • 4-3-2-6. ピンポイント災害予報サービス
  • 4-3-2-7. 自然災害の被害推定に基づくパーソナライズ回避ルート提案サービス
  • 4-3-2-8. 環境エネルギー関連都市問題の可視化による課題解決支援サービス
  • 4-4. 医療領域において創出されるビジネス
  • 4-4-1. 未来のIoTビジネスの方向性の俯瞰
  • 4-4-2. 未来に創出が予測されるIoTビジネス
  • 4-4-2-1. 自覚症状がない病気の兆候認識・通知サービス
  • 4-4-2-2. 手術室における以心伝心ロボットサービス
  • 4-4-2-3. 遠隔触診支援サービス
  • 4-4-2-4. パーソナライズド・リハビリ用アシストスーツ提供サービス
  • 4-4-2-5. アバターを用いたパーソナライズド・リハビリ支援サービス
  • 4-4-2-6. 人工器官不適合による合併症発生予防サービス
  • 4-5. 住宅領域において創出されるビジネス
  • 4-5-1. 未来のIoTビジネスの方向性の俯瞰
  • 4-5-2. 未来に創出が予測されるIoTビジネス
  • 4-5-2-1. 認知症向け介護ロボットサービス
  • 4-5-2-2. 認知症の焦燥性興奮の予知による介護者支援サービス
  • 4-5-2-3. パーソナルトレーナーのアバターによる生活習慣改善支援サービス
  • 4-5-2-4. パーソナライズド・睡眠改善支援サービス
  • 4-5-2-5. 新興開発地域内の独居老人見守り
  • 4-5-2-6. 新興開発地域内の独居老人見守り支援サービス
  • 4-6. 輸送領域において創出されるビジネス
  • 4-6-1. 未来のIoTビジネスの方向性の俯瞰
  • 4-6-2. 未来に創出が予測されるIoTビジネス
  • 4-6-2-1. 複雑な環境下における完全自動運転車
  • 4-6-2-2. 出荷から保管・輸送までの農作物状態可視化
  • 4-6-2-3. 出荷から保管・輸送までの農作物状態可視化支援サービス
  • 5-1. 本章の構成
  • 5-2. データ流通の未来
  • 5-3. データセキュリティの未来

※目次は変更になる場合があります。

IoTの未来2018-2027 sample

活用事例をご紹介します

未来予測の調査・研究レポートで事業創出 / ユニアデックス株式会社

ユニアデックス株式会社様では、未来予測を担う新部門として「未来サービス研究所」を創設。その事業をサポートする調査資料として日経BP未来研究所『メガトレンド』を採用しました。膨大な文献や統計データを独自の視点で分析した未来予測情報を活かして、新たな企業戦略立案や新事業創出に挑んでいます。

詳しく見る

ボタン_047

ボタン_001

ボタン_018

このページのURLをメール