GAFAの成長戦略分析

GAFAの成長戦略分析

MaaS, IoTデバイス、SaaSはこう変わる。
GAFAのAI開発競争が市場変化を加速化

GAFAの成長戦略分析

  • ■著者:日経BP総研 クリーンテックラボ
  • ■2018年11月30日発行
  • ■レポート:A4判、約180ページ
  • ■価格:
    書籍:200,000円+税
    書籍とオンラインサービスのセット:300,000円+税
    (経理処理のご相談はこちらから)
  • ■発行:日経BP

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_047

ボタン_001

ボタン_018

AI技術開発競争と事業開発の動向を分析

グローバルInternet Giants企業のGAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)は、2010年代中頃からR&D投資を急拡大させ、Amazonは2016年にグローバル企業のR&D支出のトップを占めることになりました。GAFAはConsumer向けモバイル機器の普及とInternet Serviceを牽引して売上・収益の急成長を実現してきました。

GAFAはAI Machine Learning, Vision Computingを次世代の事業開発のコア技術として位置づけ、Internet Serviceのコア事業領域、ならびに、IT業界、自動車業界、エレクトロニクス業界で、AIベースの新しい業界ディファクト標準、製品・サービスのエコシステムを構築しています。

本レポートでは、GAFAが蓄積してきた技術・事業資産の分析に基づき、GAFAのAI技術の開発動向と、IT業界、自動車業界、エレクトロニクス業界での事業開発の動向・狙いを分析し、各々の業界変革のシナリオを予測します。 さらに、台頭が著しい中国Internet Giatns企業 BAT(Baidu, Alibaba, Tencent)とGAFAの成長戦略の比較分析を行い、中国発の業界変革を概説します。

主なコンテンツ

●GAFA企業の成長戦略概論

  • GAFAとグローバル企業のR&D投資動向
  • GAFA次世代事業の成長戦略テーマ動向
  • GAFAのAI技術の製品・サービス展開動向

●GAFA各社のR&D・買収・事業戦略分析

  • 事業セグメント別の業績推移
  • 重点成長テーマでのR&D・事業開発取組
  • AI技術開発と製品・サービス投入動向
  • 買収・事業投資と成長戦略の相関分析
  • OS・プラットフォームの標準化戦略動向
  • パートナー企業とのエコシステム構築動向
  • 各社の自動車産業MaaS取組み動向
  • 各社のIoTデバイス事業取組動向
  • 各社のSaaS・クラウド事業取組動向
  • 各社の中長期の事業開発取組動向

●GAFA成長戦略がもたらす業界変革シナリオ

  • Internetアプリ消費者市場変革シナリオ
  • 電子業界のIoTデバイス市場変革シナリオ
  • IT業界クラウド・SaaS市場変革シナリオ
  • 自動車業界MaaSの市場変革シナリオ

●中国ネット業界Big3の成長戦略概説

  • Alibaba, Baidu, Tencentの成長戦略テーマ
  • GAFAとの成長戦略テーマ比較
  • AI技術開発の取組み動向
  • 中国市場での自動車運転の開発動向
  • ヘルスケア、公共システム事業取組動向

GAFAの成長戦略分析 目次

タイトルをタップすると詳細を表示します。

  • 1-1 グローバル企業のR&D投資額推移と投資戦略動向
  • 1-2 ICT, 自動車業界、トップ企業によるR&D寡占化
  • 1-3 アジア地域でのR&D投資動向と中国R&Dの台頭
  • GAFA企業、2011年頃からR&D支出を急増、2016年にAmazonがInternet Service企業として初めてR&D支出ランキングトップにランキングされ、他のGAFA企業も上位ランキング入り。GAFAが世界のイノベーション・メガトレンドを創出する立場となっている。本章では、グローバル企業のR&D支出の増加推移と、産業セクター別のR&D投資の推移の分析を通じて、今後のイノベーション・市場でのメガトレンドの牽引役を占う。
  • 2-1 ICT業界のサプライチェーン領域別のR&D投資推移
  • 2-2 ICT業界でR&D投資領域のシフト動向
  • 2-3 GAFA企業のR&D・成長戦略テーマの動向概論
  • ICT業界(Internet Service業界、モバイル機器業界含む)のR&D投資額急増企業は、川上(半導体・コア部品等)、川中領域(ネッワーク端末、通信機器・サーバー等)から、川下領域(アプリソフト、クラウドサービス等)、最川下領域(Internet Service)の企業シフトが進展している。本章では、川上~最川下領域でのR&D投資ランキングの推移、各領域でのR&D支出余力を分析すると共に、GAFA企業が新しい収益の柱と位置付けるR&D投資・成長戦略投資テーマの動向を分析する。
  • 3-1 Amazon
  • 3-2 Google
  • 3-3 Apple
  • 3-4 Facebook
  • Amazon, Google, Apple, Facebook各社の業績推移、R&D支出増加要因、M&D戦略、事業・R&D投資動向の年別推移を分析。事業・R&D動向分析にあたっては、各社のコア事業領域での事業開発動向、新しい市場領域・新しい製品&サービス事業の参入動向、中長期の事業開発テーマ取り組み状況を明らかにする。
  • 対象① Internet Service業界
  • 対象② Consumer Electronics業界
  • 対象③ IT・System Integration業界
  • 対象④ 自動車業界、“MaaS”領域
  • GAFAはコア事業領域である「モバイル機器」 x 「Internet Service」市場 で、AI Machine Learning, Vision Computing技術を導入して、ユーザーに対して「新しい体験」提供、持続的な売上・収益拡大を図っている。本章ではGAFAにとって次世代の収益の柱となる成長戦略の重点テーマを総括し、対象業界毎の市場・エコシステム変革、業界企業に対するインパクトのシナリオを分析。
  • BAT企業の成長戦略は、GAFAのAI技術ベースのInternet Service展開のCatch-up戦略に沿ったアプローチを取っているが、スマートシティのAI Cloudインフラ、自動運転のInternet Serviceインフラ、ヘルスケアのシステムインフラ等、GAFAと比較するとより公共性の高い領域での成長戦略を展開している。本章では、BAT企業の次世代事業となる成長戦略テーマとグローバル展開の動向を概説する。

※内容は変更になる場合があります。

活用事例をご紹介します

未来予測の調査・研究レポートで事業創出 / ユニアデックス株式会社

ユニアデックス株式会社様では、未来予測を担う新部門として「未来サービス研究所」を創設。その事業をサポートする調査資料として日経BP未来研究所『メガトレンド』を採用しました。膨大な文献や統計データを独自の視点で分析した未来予測情報を活かして、新たな企業戦略立案や新事業創出に挑んでいます。

詳しく見る

ボタン_047

ボタン_001

ボタン_018

この商品にご関心の方にお薦めします