TOP > ビジネスソリューション > 調査レポート・専門書 > 世界自動運転・MaaS開発総覧

世界自動運転・MaaS開発総覧

世界自動運転・MaaS開発総覧

自動運転とMaaSが作る
次世代モビリティ社会の全体像

世界自動運転・
MaaS開発総覧

new

  • ■調査:日経BP総研/テクノアソシエーツ
  • ■体裁:専用4穴バインダー式A4判、約500ページ(予定)
  • ■発行:日経BP社
  • ■2019年3月29日発行
  • ■価格:(経理処理のご相談はこちらから)
    書籍:350,000円+税
    書籍とオンラインサービスのセット:525,000円+税

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_047

ボタン_001

ボタン_018

  • ■Waymo、Daimler、トヨタ、MaaS Global- 。
    自動運転・MaaS開発の先頭を走る62社の最新動向
  • ■次世代モビリティ社会の全体像と、産業構造、競争・協調領域、新市場を展望
  • ■提携・出資企業/エコシステムが一目で分かる「ポジションチャート」を企業別に作成

既存産業を巻き込んだ事業変革が始まっています

本書では、Waymo、Daimler、トヨタ、MaaS Globalなどの自動運転・MaaS開発の先頭を走る62社の最新動向をはじめ、次世代モビリティ社会の全体像と産業構造、競争・協調領域、新市場の展望、提携・出資企業/エコシステムが一目で分かる企業別「ポジションチャート」など、次世代モビリティ社会の全体像を俯瞰します。

「世界自動運転・MaaS開発総覧」を読んで分かること

  • ●自動運転車の実用化時期と社会実装シナリオ
  • ●MaaS事業の全体像と自動運転車の役割
  • ●次世代モビリティ社会が求める新技術
  • ●自動運転とMaaSで産む新市場と市場破壊
  • ●競争領域と協調領域、エコシステムの在り方

「世界自動運転・MaaS開発総覧」の主な内容

1章 分析編
  • 1-1 次世代モビリティ社会の概要
  • 1-2 自動運転開発の目的

  • 1-3 自動運転車の社会実装
  • 1-4 MaaSの全体像と産業構造

  • 1-5 技術開発と事業創出における競争領域と協調領域

  • 1-6 自動運転・MaaSがつくる新市場
2章 データ編
  • 2-1 自動車メーカー
  • 2-2 自動運転車両開発ベンダー

  • 2-3 自動車部品サプライヤー
  • 2-4 システム開発ベンダー

  • 2-5 半導体ベンダー

  • 2-6 センサーベンダー

  • 2-7 地図・位置情報事業者
  • 2-8 MaaS事業者/MaaSシステムベンダー

※内容は変更になる場合があります。

活用事例をご紹介します

未来予測の調査・研究レポートで事業創出 / ユニアデックス株式会社

ユニアデックス株式会社様では、未来予測を担う新部門として「未来サービス研究所」を創設。その事業をサポートする調査資料として日経BP未来研究所『メガトレンド』を採用しました。膨大な文献や統計データを独自の視点で分析した未来予測情報を活かして、新たな企業戦略立案や新事業創出に挑んでいます。

詳しく見る

ボタン_047

ボタン_001

ボタン_018

この商品にご関心の方にお薦めします

このページのURLをメール