日経TechFind

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

日経TechFind事業展望セミナー/無料説明会

日経TechFind事業展望セミナー/無料説明会 “望ましい”2030年を生む技術はどれ?
~厳選30技術をイノベーターはこう見る!!

コロナ禍が再び頭をもたげつつ2022年が明けました。そんな中で、いま、世界的なムーブメントとして脱炭素/カーボンニュートラルが、あらゆる企業にとっての重要命題になりつつあります。一方では、デジタル技術を駆使して暮らしやすい社会を作るデジタル変革の動きも加速するばかりです。ほかにも、人間の身体的能力の拡張、人々を安全かつ自由な移動を実現する自動運転など、さまざまな観点での社会変革に向けた技術の開発が進んでいます。大きな時代の転換期にあると言っていいでしょう。

その転換期を、皆さんの会社は、どう乗り切っていくのでしょうか。その未来を切り拓くきっかけの一つは技術の進歩ですが、考えられる技術は多様です。デジタルツイン、レトロフィットIoT、分身ロボット、ペロブスカイト太陽電池、バイオプラスチック、AI医療…。想像し得るもののうち、どのような技術に期待したらよいでしょうか。こうした方向性、あるいは戦略を考えるうえで重要なのは、どのような未来を描き、そこでどのような価値を提供していくかという仮説シナリオをつくること。そのうえで、より“望ましい”社会に近づいていくよう軌道修正しながら市場に向き合っていく必要があります。

そこで日経BPでは、企業とエキスパート(専門家)とのマッチングサービスを手がけるビザスクの協力を得て、各業界での事業創出・運営経験を持つイノベーター30人を対象とした調査を実施しました。具体的には、日経BPが注目度が高い30種類の先進技術をピックアップ。それを題材に、回答者それぞれが属する業界にインパクトを与えるであろう技術や、2030年に新市場を切り拓く可能性があると考える技術、そしてそれによって実現される社会のイメージを尋ねました。

本セミナーでは、この調査結果から読み取れる未来シナリオに加えて、日経クロステック編集部が注目する2022年のキーワードについてもご紹介します。どちらのトピックにも、次の事業展開に踏み出す皆さんにとって参考になる発想があるはずです。先端技術キーワードと未来シナリオから、5年後、10年後に台頭する新事業を考えてみませんか。

無料説明会のお申し込み

ボタン_019

ボタン_018

開催概要

日時 2022年1月31日(月) 16:00~17:30
※WEB会議サービス「zoom」によるWEB配信
参加費 無料
主催 ⽇経TechFind

※参加URLは申込受付後の自動メールにてご連絡致します

プログラム

16:00~16:05

◆主催者挨拶

16:05~17:15

◆講演
“望ましい”2030年を生む技術はどれ?
~厳選30技術をイノベーターはこう見る!!

【1】「先端技術ワード30」エキスパート注目度調査から読み解く未来シナリオ
日経TechFindプランナー 清嶋 直樹
【2】日経クロステック編集部が選ぶ、2022年の注目キーワード
日経クロステック先端技術編集長 加藤雅浩
【3】5年先を見据えた新事業を考えよう
日経TechFindプロデューサー 河井 保博
日経TechFindプランナー 清嶋 直樹
日経クロステック先端技術編集長 加藤雅浩

17:15~17:30

◆日経TechFindのデモンストレーション

※プログラムは変更になることがあります。
ご了承ください。

無料説明会のお申し込み

ボタン_019

ボタン_018

この商品にご関心の方にお薦めします