人工知能研究レポート

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

他社特許で事業戦略見直しも。
各社の知財戦略を解き明かす

人工知能特許分析 2019

  • ■2019年3月27日発行
  • ■レポート:A4判、約300ページ
  • ■価格:書籍とオンラインサービスのセット:400,000円+税
    ※書籍のみの販売はございません。(経理処理のご相談はこちらから)
  • ■著者:安彦元 ミノル国際特許事務所、イノベーションIP・コンサルティング株式会社
  • ■発行:日経BP

「人工知能の未来 2019-2023」「人工知能 世界のテクノロジー企業2019」「デジタル戦略 企業事例総覧2019」の3点セット(書籍+オンラインサービス)を125万円(単品合計 140万円)で、さらに「人工知能特許分析 2019」を加えた4点セットを150万円(単品合計 180万円)でご用意しております。単品購入よりもお得です。

ボタン_047

ボタン_001

ボタン_018

最短で市場ごとの特許状況を知る

「当社のAI特許を侵害しています」――。こんな通知が来れば大変です。場合によってはペナルティーを受け、ビジネスをストップせざるを得ないこともあるでしょう。

AIビジネスを展開する際、必ずやるべきなのが「関連特許の調査」です。特許情報は公開されているので誰でも見ることができますが、膨大な数の特許情報から関連特許を見つけるのは難しく、知財部門や特許事務所でないとなかなか手に負えません。しかし、AIビジネスはスピードが求められますので、知財部門だけでなく事業担当者も特許調査を行うようになってきています。本レポートは、そのためにあります。

AIビジネスの市場を定義し、市場ごとに「関連特許数」「主な出願企業」などを調査・分析しています。市場は「生活・住空間・都市AI」や「小売り・サービス業AI」など14分類しています。また、特許情報のマクロ分析にとどまらず、注目すべき特許については、その内容に踏み込んで詳細を解説しています。本レポートはAIの知財分析に必要な情報を網羅しています。

企画書・提案書作成に役立つオンラインサービス付き

1. 調べたいキーワードでテキストや図表を検索できる

2. 見つけた図表やテキストをパワーポイントに出力できる

3. 企画書などの社内資料に利用できる

オンラインサービス(レポート検索・生成サービス)では、本レポートをオンライン上で閲覧索できます。テキスト情報だけでなく、図表の検索も可能です。さらに出典付きで図表やテキスト情報をパワーポイントに出カできるため、企画書などの社内資料の作成にかかる手間を大幅に削減できます。

※営業・販売用やホームページ掲出など社外用途には使用できません。

※書籍と一緒にオンラインサーピス利用のご案内書をお届けします。ご案内に沿ってお手続きいただいた後、弊社にて登録を行います。ご利用開始まで1週間ほどかかります。オンラインサービスのご利用期間は、サービス登録完了メール配信から1年間となります。

※オンラインサービスは、1部の購入に対し1名分のアクセス権の付与となります。

人工知能特許分析 2019 目次

タイトルをタップすると詳細を表示します。

  • 1-1. 本書のコンセプト
  • 1-1-1. はじめに
  • 1-1-2. 実施した特許分析の特徴
  • 1-2. 本書の利用方法
  • 1-2-1. 各章の役割と知財戦略策定のプロセス
  • 1-2-2. 特許分析の方法と結果の読み方
  • 2-1. 市場ごとの分析
  • 2-1-1. マクロ分析の構成
  • 2-1-2. 全体分析
  • 2-1-3. 市場単位分析
  • 3-1. 自動運転AI
  • 3-1-1. 自動運転AI技術
  • 3-1-2. 自動運転AI特許の基本分析
  • 3-1-3. 自動運転AI特許の詳細分析
  • 3-1-4. 自動運転AI特許の質分析
  • 3-1-5. 自動運転AI特許の個別解説
  • 3-2. ヒューマンインターフェースAI
  • 3-2-1. ヒューマンインターフェースAI技術
  • 3-2-2. ヒューマンインターフェース
    AI特許の基本分析
  • 3-2-3. ヒューマンインターフェース
    AI特許の詳細分析
  • 3-2-4. ヒューマンインターフェース
    AI特許の質分析
  • 3-2-5. ヒューマンインターフェース
    AI特許の個別解説
  • 3-3. 生活・住空間・都市AI
  • 3-3-1. 生活・住空間・都市AI技術
  • 3-3-2. 生活・住空間・都市AI特許の基本分析
  • 3-3-3. 生活・住空間・都市AI特許の詳細分析
  • 3-3-4. 生活・住空間・都市AI特許の質分析
  • 3-3-5. 生活・住空間・都市AI特許の個別解説
  • 3-4. 製造業AI
  • 3-4-1. 製造業AI技術
  • 3-4-2. 製造業AI特許の基本分析
  • 3-4-3. 製造業AI特許の詳細分析
  • 3-4-4. 製造業AI特許の質分析
  • 3-4-5. 製造業AI特許の個別解説
  • 3-5. 小売り・サービス業AI
  • 3-5-1. 小売り・サービス業AI技術
  • 3-5-2. 小売り・サービス業AI特許の基本分析
  • 3-5-3. 小売り・サービス業AI特許の詳細分析
  • 3-5-4. 小売り・サービス業AI特許の質分析
  • 3-5-5. 小売り・サービス業AI特許の個別解説
  • 3-6. 金融AI
  • 3-6-1. 金融AI技術
  • 3-6-2. 金融AI特許の基本分析
  • 3-6-3. 金融AI特許の詳細分析
  • 3-6-4. 金融AI特許の質分析
  • 3-6-5. 金融AI特許の個別解説
  • 3-7. オフィス業務AI
  • 3-7-1. オフィス業務AI技術
  • 3-7-2. オフィス業務AI特許の基本分析
  • 3-7-3. オフィス業務AI特許の詳細分析
  • 3-7-4. オフィス業務AI特許の質分析
  • 3-7-5. オフィス業務AI特許の個別解説
  • 3-8. 開発・イノベーション創発AI
  • 3-8-1. 開発・イノベーション創発AI技術
  • 3-8-2. 開発・イノベーション創発AI特許の基本分析
  • 3-8-3. 開発・イノベーション創発AI特許の詳細分析
  • 3-8-4. 開発・イノベーション創発AI特許の個別解説
  • 3-9. 物流AI
  • 3-9-1. 物流AI技術
  • 3-9-2. 物流AI特許の基本分析
  • 3-9-3. 物流AIの日本出願特許の個別分析
  • 3-9-4. 物流AI特許の質分析
  • 3-9-5. 物流AI特許の個別解説
  • 3-10. インフラ産業AI
  • 3-10-1. インフラ産業AI技術
  • 3-10-2. インフラ産業AI特許の基本分析
  • 3-10-3. インフラ産業AI特許の詳細分析
  • 3-10-4. インフラ産業AI特許の質分析
  • 3-10-5. インフラ産業AI特許の個別解説
  • 3-11. 医療・ヘルスケアAI
  • 3-11-1. 医療・ヘルスケアAI技術
  • 3-11-2. 医療・ヘルスケアAI特許の基本分析
  • 3-11-3. 医療・ヘルスケアAI特許の詳細分析
  • 3-11-4. 医療・ヘルスケアAI特許の質分析
  • 3-11-5. 医療・ヘルスケアAI特許の個別解説
  • 3-12. 第一次産業AI
  • 3-12-1. 第一次産業AI技術
  • 3-12-2. 第一次産業AI特許の基本分析
  • 3-12-3. 第一次産業AI特許の詳細分析
  • 3-12-4. 第一次産業AI特許の質分析
  • 3-12-5. 第一次産業AI特許の個別解説
  • 3-13. 教育AI
  • 3-13-1. 教育AI技術
  • 3-13-2. 教育AI特許の基本分析
  • 3-13-3. 教育AI特許の詳細分析
  • 3-13-4. 教育AI特許の個別解説
  • 3-14. 気象予測AI
  • 3-14-1. 気象予測AI技術
  • 3-14-2. 気象予測AI特許の基本分析
  • 3-14-3. 気象予測AI特許の詳細分析
  • 3-14-4. 気象予測AI特許の個別解説
  • 4-1. ビジネス戦略と知財戦略
  • 4-1-1. はじめに
  • 4-1-2. 人工知能ビジネスにおける競争戦略の本質
  • 4-1-3. AIに基づく経営資源の戦略的強み(ARC)
  • 4-1-4. 顧客ニーズに整合する「期待される効果」の抽出
  • 4-1-5. 「AIにより実現するソリューション」の実体
  • 4-1-6. 知財戦略
  • 4-1-7. 人工知能ビジネスにおいて生まれる知的財産とその法的保護方法
  • 4-2. 特許戦略
  • 4-2-1. 人工知能の特許の取得戦略
  • 4-2-2. 先行特許情報の活用方法
  • 4-2-3. 特許ポートフォリオの構築方法
  • 4-2-4. 人工知能ビジネスにおける特許ポートフォリオの役割
  • 4-2-5. 人工知能の特許の質とは
  • 4-2-6. 技術の注目度と特許の広さの2軸分析
  • 4-2-7. ビジネスの不確実性に対応する特許明細書を目指す
  • 4-2-8. ARC専行型市場創造モデル

※内容は変更になる場合があります。

活用事例をご紹介します

未来予測の調査・研究レポートで事業創出 / ユニアデックス株式会社

ユニアデックス株式会社様では、未来予測を担う新部門として「未来サービス研究所」を創設。その事業をサポートする調査資料として日経BP未来研究所『メガトレンド』を採用しました。膨大な文献や統計データを独自の視点で分析した未来予測情報を活かして、新たな企業戦略立案や新事業創出に挑んでいます。

詳しく見る

ボタン_047

ボタン_001

ボタン_018

この商品にご関心の方にお薦めします