日経ESG

雑誌画像

2019年6月号

News

・ガバナンス 日産が目指す道、LIXILが示すもの 指名委員会の 「落とし穴」
・森林保全 CDPフォレストもTCFDの枠組みに 投資家の関心高まる森林リスク
・気候変動 「脱炭素」 へ技術と投資を変革 G20で 「排出ゼロ」 宣言へ
・再エネ 12円の“優遇価格”で顧客を囲い込み 積水化学が 「卒FIT」 に照準
・資源循環 小田急電鉄が廃棄物事業に参入 「廃棄物版ウーバー」 目指す
・持続可能な調達 持続可能な調達でNGOが仕掛けた戦略
大手バーガー店に2000通の要望書
・IoT ・ AI パナソニックがコンビニ運営 人手不足にIoTフル活用
・データ コンビニ店舗の実態調査 半数が売上減、従業員集まらず

Cover Story 「変革」 迫るプラスチック危機

・ 「変革」 迫るプラスチック危機 その先にあるブルーオーシャン
・資源循環が7兆円の商機生む 「ごみゼロ」 へなだれ打つ企業
・ビジネスモデルの変革で需要を開拓 30社がサブスクで 「詰め替え」
・素材の変革に挑む化学メーカー 生分解性プラなどに40億円
・資源回収促すコミュニケーション変革 「見えるリサイクル」 で啓発

Interview

・WWF(世界自然保護基金)インターナショナル 事務局長 マルコ ・ ランベルティーニ氏
前ユニリーバCEOのポールマン氏と共同提案 「自然のニューディール」 が不可欠

Special Report

・グリーン&サステナブルファイナンス規格化 「英中」 軸に激化、規格間競争

ESG経営フォーラムから

・トピックス フォーラムの新パンフを制作

未来戦略インタビュー

・横山 賢次 氏 野村総合研究所 常務執行役員 デジタルの力で価値共創

海外ESG経営者列伝

・ハワード ・ シュルツ氏 米スターバックス前会長 企業は利益と社会責任のバランス

COP24とパリ協定

・【最終回】 パリ協定の 「これから」 温度目標の実現へ、道筋示せるか

イチから始める 「統合報告」

・プロジェクトリーダーになったら 読み手を考え、開示資料棚卸し

リーガル 「働き方改革」

・時間外労働の上限規制 働く時間は 「悪」 なのか

ヨーロッパESG最前線

・ドイツでCO2 が減った理由 炭素価格の上昇が要因 猛暑で 「ミニ石油危機」 も

学び直し講座 「コーポレートガバナンス」

・委員会の設置 委員会は事実上 「義務化」

学び直し講座 「廃棄物処理法」

・認定制度 特例の違いを踏まえて利用

学び直し講座 「化学物質管理」

・仕入先監査のポイント 事前準備とフォローが大事

中小企業のための環境マネジメント入門

・SDGsの取り組みをアピールする 「紐づけ」 で同じ土俵に立つ

今月のESG政策

・地域金融にESGの波 組織体制の整備促す ほか

読者から

・ 「TCFD」