TOP > 専門情報誌 > 日経ホームビルダー

日経ホームビルダー

発行:日経BP社

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

日経ホームビルダーとセットで役立つ日経 xTECHとは?

技術とビジネスのクロス領域で起こる変革をお伝えするウェブサービス

自動運転、FinTech、デジタルものづくり、i-Construction…「日経 xTECH」は、ITから電子・製造、建築・土木に関わる横断的な技術とビジネスの情報を、専門記者120人が徹底解説するウェブサービスです。毎日70~100本、年間約2万本のオリジナル記事と日経BP社の技術誌9誌がすべてHTMLでお読みいただけます。

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_063

日経ホームビルダー + 日経 xTECH セット料金 (年12冊)
  • 通常購読コース 31,900円
  • > らくらく購読コース 28,710円(税込)

今後予定しているお薦めの特集をご紹介します

建築ロボで生産革命 動画図鑑

狙われるニッポン 先端技術で守れ

2020年夏――。「世界一の安心・安全」を標榜してきたニッポンに、セキュリティの脅威が迫る。開催期間中には、世界で30億人以上がテレビで視聴し、500万人以上もの観戦客が訪れるとされる東京五輪。「世界最大の平和の祭典」は、テロリストなど悪事を企てる者にとっては格好の標的になる。

頻発する住宅設備トラブル

IoT住宅はうまくいくか

ITを活用して住宅や暮らしを革新する――。住宅業界だけでなく、IT業界や電機業界などでもこんな狙いを掲げた「IoT住宅」の取り組みに注力し始めている。AIスピーカーを通して家電や住宅設備を制御したり、センサーを用いて居住者や災害直後の住宅の安全性を確認したりする試みはその代表例といえる。

キーワードで読む建築維新

重大事故・トラブルの教訓

笹子トンネルの天井板崩落事故、姉歯事件、品質データ偽装、新幹線台車亀裂問題、コインチェック不正流出問題…。ものづくり、建設、ITの各業界において世間を大きく騒がせた大事故やトラブルを受け、企業の取り組みや制度・ルールはいかに変わったのか。過去の事故・トラブルは今、どのような形で生かされているのか。

今こそ「福島第1原発」の話をしよう"

より抜き!プレモダン建築巡礼

2018年は「明治維新150年」。明治期を振り返るニュースやイベントが増えるなか、明治維新で諸外国から輸入された建築デザインへの関心も高まっている。それらは戦後の「モダニズム建築」への足がかりとなる「プレモダン建築」と呼ぶべきものだ。明治~戦前のプレモダン建築のなかから特に評価の高いものを厳選。イラスト担当の宮沢洋(日経アーキテクチュア編集長)と、うんちく担当の磯達雄氏(建築ジャーナリスト)がそれぞれの視点で魅力を分析する。

許されなくなったコンクリひび割れ、時代は変わった

デジタル医療 最前線

米国では2017年にFDAが発表したアクションプランにより、Google社やApple社といった大手IT系企業が2018年以降に医療領域に本格参入することが予想されている。スマホアプリが、医療機器・医薬品に次ぐ第3の治療選択肢になる時代は、米国だけでなく国内にもやってくる。数年前にはまだ“未来”だった、飲めるセンサーを内蔵した医薬品、採血することなく血糖値が分かるセンサー、1滴の血液から多種のがん診断ができる技術などは、もはや実用段階へと入ってきた。

巨大地震に備えよ"

フル電動化最前線

単なる機械の置き換えにとどまらない電動化のシナリオが、さまざまな分野で進行しているからだ。ここではそれを「フル電動化」(All Electric)と称し、フル電動化を支える要素技術として、(1)モーター、(2)センサー、(3)通信、(4)電池、(5)AI(人工知能)の開発最前線を追った。

巨大地震に備えよ

最大震度7を2度記録した2016年4月の熊本地震。庁舎や病院、学校などの防災拠点が被災し、木造住宅の倒壊が多発。建築界に様々な課題を突き付けた。あれから2年。熊本地震の教訓は生かされているのか。次なる巨大地震への備えは急務だ。

許されなくなったコンクリひび割れ、時代は変わった

基礎のひび割れには「許容されるもの」と「されないもの」がある。建て主に丁寧に説明すれば、それを分かってもらえるはず――。これが従来の住宅業界の常識だった。しかし、最近はヘアクラック(微細なひび割れ)さえ許さない建て主が増えている。このため従来の説明路線から転換、多くの企業がヘアクラック対策に取り組み始めた。その動きは、大手から中小の住宅会社へと着実に広がっている。

今こそ「福島第1原発」の話をしよう

未曾有の事故から7年――。東京電力福島第1原子力発電所は今や、毎日6000人が働く超巨大な建設現場に変貌を遂げ、東京電力の下、建設会社やメーカーが様々な作業・工事に取り組んでいる。この特集では、福島第1原発で使われた新技術や工夫の数々を紹介しながら、30~40年かかるとされる廃炉の現状を、分かりやすくひもとく。

キーワードで読む建築維新

AI、IoT、ロボット――。様々な技術が加速度的に進化し、建築界にもデジタル革新の波が押し寄せている。建築実務者を取り巻く環境の変化の速さに比例するように、将来の不透明感はますます強まっている。「五輪後」の2020年代、都市・建築は何が変化しているのか。不確実な時代を生き抜くために、知っておきたいキーワードを先取り解説する。

頻発する住宅設備トラブル

過去5年以内に引き渡した住宅で、住宅設備のトラブルに遭遇した実務者は約8割に及ぶ。トラブルが発生した住宅設備は、エコキュート、水栓金具、排水管など多様だ。この日経ホームビルダーが実施した独自調査からは、身近な住宅設備のトラブルが頻発している状況が浮かび上がってくる。故障だけでなく、火災や騒音、やけどなどにつながる事故事例などを通じて、住宅設備で備えるべき対策を探る。

建築ロボで生産革命 動画図鑑

建築の施工現場でロボット導入が本格化し始めた。技能労働者の不足や高齢化が深刻さを増すなか、現場の生産性を一気に高める切り札として期待されている。かつての反省を生かした「真の生産性革命」の実現に向けて、戦力となるのは技能者と一緒に働ける「協調性」や多様な状況で使える「汎用性」を備えたロボットだ。大手建設会社各社の最新ロボットを、動画とともに徹底解剖する。

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_063

日経ホームビルダー + 日経 xTECH セット料金 (年12冊)
  • 通常購読コース 31,900円
  • > らくらく購読コース 28,710円(税込)

さらに、技術系9誌がすべてHTMLでお読みいただけます

技術系専門9誌の掲載記事をHTML版でお読みいただけます。PDFでも月間100ページお読みいただけます。
「日経コンピュータ」「日経SYSTEMS」「日経NETWORK」「日経エレクトロニクス」「日経ものづくり」「日経Automotive」「日経アーキテクチュア」「日経コンストラクション」「日経ホームビルダー」全9雑誌が対象です。

商品画像 日経コンピュータ
商品画像 日経SYSTEMS
商品画像 日経NETWORK
商品画像 日経アーキテクチュア
商品画像 日経コンストラクション
商品画像 日経ホームビルダー
商品画像 日経エレクトロニクス
商品画像 日経ものづくり
商品画像 日経Automotive

年間予約購読のご契約について

●ご契約は日経BP社との直接契約となります(冊数契約)。また日経BP社から購読期間・料金等を記載した購読のお礼状をもって、年間予約購読の契約成立とさせていただきます(契約の承諾通知)。

●返品・解約について:新規のお申し込みで、初回号のお届けから2週間以内に解約のお申し出をいただいた場合には、お送りした分は、請求いたしません(行き違いに送本した分も含む)。2週間目以降、お客様のご都合により購読期間中に途中解約される場合、雑誌1冊定価+日経 xTECH有料会員の冊数割金額3,300円(税込み)×お届済み冊数にて精算させていただきます。

●雑誌+日経 xTECH有料会員のセットをお申し込みいただくと、ウェブサービス「日経 xTECH有料会員【雑誌セット定期購読】」「日経 xTECH登録会員(無料)」「日経ホームビルダー定期購読者限定サービス」「日経BP書店マイデータ」に登録させていただきます。これらのサービスは登録認証基盤として日経IDを利用しており、「日経ID利用規約」および「日経 xTECH有料会員【雑誌セット定期購読】規約」、「日経 xTECH登録会員規約」」、「日経ホームビルダー定期購読者限定サービス利用規約」、「日経BP書店利用規約」を必ずお読みいただき、ご同意のうえお申し込みください。

日経 xTECH有料会員のご契約について

●「日経 xTECH有料会員」は、雑誌記事やオリジナル有料記事等をパソコンやスマートフォンやタブレット等の端末でお読みいただけるサービスです。ご契約1件に対し、サービスを利用するためのIDを1つ付与します。

●利用推奨環境について:本サービスはHTML5に対応したウェブブラウザでご覧いただけます。パソコン、スマートフォンのメーカーサポート対象の主要OS(Windows、iOS、Android)やHTML5対応のブラウザでの動作を検証しておりますが、端末によっては、本サービスをご利用いただけない場合がございます。

●通信料について:本サービスの利用には、インターネットへの接続が必要となります。インターネットの接続に必要となる通信料はお客様のご負担となります。特に、パケット通信につきましては、携帯電話会社が提供するパケット定額サービスへの加入を強くお薦めします。通信契約を申し込んだ国以外で利用する場合、パケット定額サービスが適用されないことがありますのでご注意ください。

個人情報について

ご記入いただいた個人情報は、日経BPマーケティング社「個人情報取得に関するご説明」、日経BP社「個人情報取得に関するご説明」および「日経IDプライバシーポリシー」に基づいて管理します。住所やE-Mailアドレスなどは、日経BPマーケティング社および日経BP社からの事務連絡にも使わせていただきます。なお、これ以外に日経BP社および日経BPグループ会社からの各種ご案内(刊行物、展示会、セミナー等)やアンケート、広告主等の製品やサービスのご案内をさせていただく場合がございます。「特定商取引に関する法律」に基づく表示についてはこちらから、上記の情報をまとめたご説明は、こちらをご確認ください。

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_063

日経ホームビルダー + 日経 xTECH セット料金 (年12冊)
  • 通常購読コース 31,900円
  • > らくらく購読コース 28,710円(税込)
このページのURLをメール