日経ビジネス

雑誌画像

2015年12月21日号

特集 世界の常識日本を急襲 シェアリングエコノミー

「シェアリングエコノミー」と呼ばれる新たな経済活動が、世界規模で猛威を振るっている。個人の遊休資産や時間を他人のために活用し利益を得るという従来にないビジネスモデル。市場規模は2025年までに3350億ドル(約41兆円)に膨らむという試算もあり、個人間取引の橋渡しをするプラットフォームが世界中の投資マネーを引き寄せている。その2大巨頭が、自家用車の相乗りサービスを手掛ける米Uber(ウーバー)と、自宅の時間貸しサービスを担う米Airbnb(エアビーアンドビー)。岩盤規制で両者を阻む日本にもいずれ、この潮流は押し寄せる。いや、もう押し寄せている。既存産業を侵食する敵なのか、次の成長をつかむチャンスなのか。答えは自明だ

世界の常識 日本を急襲 シェアリングエコノミー
[爆発の現場] UberとAirbnb 脅威の成長
[シェアリング後進国ニッポン] ルールなき混迷
[シェアリング先進国に学ぶ] 今こそ開国せよ

有訓無訓

理念は会社の憲法 その上に夢を乗せて達成するのが経営者の仕事 
大橋 洋治[ANAホールディングス相談役]

今週の名言/編集長の視点

今週の名言

ニュースを突く 政治

軽減税率、 「官邸圧勝」 の真相

時事深層

INSIDE STORY
[COP閉幕、パリで上がった狼煙] 新興国争奪戦で日本は出遅れ
POLICY [法人税下げ、軽減税率、自動車新税…] 税制改正で思わぬ泣き笑い
COMPANY 日産が引き出した 「不可侵条約」
INDUSTRY 「エコ」 より 「エロ」 に走ったプリウス
INDUSTRY ネスレ、抹茶カプセルで栄養を宅配
POLICY GPIF、ジャンク債投資の勝算

シリーズ検証 スマホ攻防、iPhoneの頸木

元凶

スペシャルリポート

ファミマ上田会長が激白 3位では生き残れない
台頭する中国 読み切れない日米
TPPの価値は 経営者の覚悟が決める
多国間の枠組みこそ グローバル社会の要諦
選考2カ月前倒し 新スケジュールを制する

企業研究

ワークマン(衣料店) 作業服のガリバー おしゃれに“脱皮”

フロントランナー 小なれど新

スタディスト(マニュアルを製作するアプリの開発) スマホでマニュアル簡単製作

未来テック

ゲノム解析で苗を短期で改良[タキイ種苗]

編集長インタビュー

[JACリクルートメント会長] 田崎 ひろみ 氏 世界で勝てる人材を供給

敗軍の将、兵を語る

ハイテク納骨堂、課税に異議 角田 賢隆 氏[伝燈院赤坂浄苑館長]

新社長の独白

[プロクター ・ アンド ・ ギャンブル ・ ジャパン社長]スタニスラブ ・ ベセラ
世界各地の経験と外部の視点を 日本法人で生かす

気鋭の経済論点

所得税改革、2つの控除でバランスを

小田嶋隆の 「pie in the sky」 〜絵に描いた餅ベーション

道化師、キングへの道

NIKKEI BUSINESS CULTURE

[MUSIC] 専門店脱却、音楽産業の光明に?
[BOOK] 働く女性の心理を小説で読み解く

世界鳥瞰

フィナンシャル ・ タイムズ 株主の懸念招いたVWの会見
エコノミスト 欧米で台頭する大衆迎合主義

世界鳥瞰 FRONTLINE ニューヨーク

米国の豊かな老後は復活するか?

往復書簡

インダストリー4.0への方向性は正しい 「特集 身近にあった! インダストリー4.0」 (11/16号)

賢人の警鐘

「加算ではなく、シナジーを生み出せる掛け算が買収の成否を決める」
富士フイルムホールディングス会長 ・ CEO 古森 重隆