日経コンストラクション

雑誌画像

2019年7月22日号

特集 旅だ、インフラだ、もてなしだ

・旅だ、インフラだ、もてなしだ
・1年で観光客10倍、八ツ場ダムの挑戦
・物語×地域資源で人を呼ぶ現場へ
・九州電力インフラツアー(宮崎県) 社員主導で水力ダムを“開門”
・秘境八十里越体感バス(新潟県三条市~福島県只見町)
「変わりゆく現場」 を見せて7年
・黒部ルートの一般開放(富山県黒部市~立山町) 周遊可能な一大観光拠点へ
・横瀬川ダム(高知県宿毛市) 国内初の堤体クライムに挑む
・ 「楽しい」 に 「悲しい」 を織り込む
・業界外との関わりがツアーを磨く
・土木のチカラ ツーリズム

土木のチカラ

・民間力が生んだ 「水辺のにぎわい」
勝山公園の鴎外橋西側橋詰め広場と水辺の遊歩道(北九州市)

NEWS 時事 ・ プロジェクト

・護岸と滑走路かさ上げ、関空で越波対策
・補強土壁にはらみ、施工中に土質変化/海外工事受注が2兆円に迫る
・アスファルト合材カルテルで課徴金減額か
・舗装材カルテルで2社に課徴金
・都市部でもドローンの目視外飛行を可能に
・防災重点ため池が新基準で5倍に
・ 「脱請負」 目指しIoTベンチャーに投資

NEWS 技術

・見えない施工部が見える次世代溶接マスク
・デジカメ持って1人で舗装の出来形確認
・工事現場のゲリラ豪雨を 「超局地」 で予測
・新型ドローンで水面下の計測費が4割減

トピックス 火山

・動き出した富士山噴火対策
・まずは 「降灰後の土石流」 に備える
・被害予想の随時更新で想定外に対応

クイズ維持 ・ 補修に強くなる

・たて壁と床版下面にひび 予防で表面含浸は必要?

新製品 ・ 新サービス

・断面修復材 ライトファースト/ハードファースト
1回で厚さ5cmの塗り付け 軽量と高強度の2タイプ ほか

土木を深める本

・豪雨や地震で相次ぐ被害 盛り土の 「老朽化」 に警鐘
京都大学防災研究所教授、斜面災害研究センター長 釜井 俊孝 氏

読者から

・生活に密着した工事の情報を期待 ほか

記者の眼

・災害情報発信で 「混乱招く」 を都合よく使うな