TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > セミナー「変革を担う次世代リーダーに求む役割と素質とは」

セミナー「変革を担う次世代リーダーに求む役割と素質とは」

  • 元ハイアールアジア社長伊藤嘉明氏、日本を代表する企業の経営者を輩出するバブソン大学 山川恭弘准教授登壇
  • 事業創出を担う次世代リーダーの育成、スキルとマインドを成長させるための術を紹介
  •  VUCAの時代を戦い抜く「戦略」「イノベーション」「マーケティング」をセッション

開催概要

日 時 2019年6月19日(水)13:00~16:30(受付12:30~)
対 象 経営層、経営企画・戦略、マーケティング・人材開発担当の責任者
定 員 先着100名
※満員となり次第、受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。
場 所 AP東京丸の内
東京都千代田区丸の内1丁目1-3
日本生命丸の内ガーデンタワー3階(大手町駅 から徒歩約4分)
受講料 10,800円(税込)
※受講証、ご請求書を送付いたします。
主 催

日経BPマーケティング

共 催

X-TANKコンサルティング株式会社

ボタン_001

企業の舵とりをする「次世代リーダーが育つ鍵」とは

変動の時代の今、マネジメント層(管理職)とエグゼクティブ層(経営幹部)には企業の舵とりという重責を担い最前線で活躍するための率先した成長が求められています。リーダーには周囲を巻き込み組織を先導するリーダーシップと戦略立案、決断、迅速な行動が求められる中、管理職の方々がさらなる活躍をするためのトレーニングや次期幹部社員育成を行う企業はまだ少なく、多くの企業、そして当事者である方々も課題として悩んでいます。

すさまじい勢いで変化する環境の中で持続的な企業価値の創造と事業創造をし続けるためには、ダイバーシティ経営の中で次世代のリーダーを育て、活躍していくことが急務です。その重要なポイントを現役のリーダーとして最前線で活躍し養成を行う2人の講師に語っていただきます。

プログラム

13:00~14:00基調講演
  • 伊藤嘉明が語る。VUCA時代を勝ち抜くリーダーの秘訣
    ~リーダー創出、イノベーション創出のメソッドとは〜
    • ハイアール(三洋電機)15年連続赤字をCEO就任一年で黒字化達成
    • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、前人未到の世界販売記録達成
    • アディダスジャパンにてリーマンショック時に最高収益を達成
  • 「VUCAの時代」と言われる言葉をご存知でしょうか。
    ビッグデータ分析によるマーケティング、AIなど新しいテクノロジーによるインパクトが既存ビジネスに大きな変化をあたえ、大企業の衰退、解体再編など今はVUCA時代(変動性、不確実性、複雑性、曖昧性)が到来し、変化に対応できない企業、ビジネスや人々に大きな影響を与え始めています。

    VUCAの時代の今、エグゼクティブ、マネジメント層のリーダーの素質がより重要となり、マーケターが企業の中で大きな役割を果たします。

    未来を見据えた事業戦略と人材育成、バックキャスト思考による「想像力」/イノベーションを実現する「戦略」/行動する「人材」の秘訣をお伝えいたします。

伊藤 嘉明

X-TANKコンサルティング株式会社 代表取締役社長兼 CEO
株式会社ジャパンディスプレイ 常務執行役員 CMO
元ハイアールアジアグループ 代表取締役社長兼 CEO

2016年X-TANKコンサルティング設立。2017年より(株)ジャパンディスプレイ常務執行役員CMOとして経営再建に参画中。プロ経営者として企業ブランド認知度の向上、業績回復、シェア拡大等、事業再生を手がけつつ、エグゼクティブ層、マネジメント層のトレーニング、マーケター育成など多くの企業にて人材育成の支援を手掛ける。米国サンダーバード国際経営大学院MBA、国際経営学修士号。

14:00~15:00特別講演
  • 大企業でイノベーションを生み出すためのノウハウとは
  • ~起業家育成MBAスクール バブソン大学山川恭弘准教授登壇~
    • トヨタ自動車の豊田章男社長、イオンの岡田元也社長、村田機械の村田純一会長、佐藤製薬の佐藤誠一社長をはじめ著名な経営者を輩出したバブソン大学が教える起業家育成のための3つの教え
    • 日本でイノベーションが阻害されてきた最大のボトルネックとは
    • 失敗から学ぶイノベーションの育成方法とは
  • 「オープンイノベーション」という言葉を耳にすることが減っています。
    働き方への世代ごとの認識のずれ、新しい発想を持つ人材が活躍できない大企業病、長年の終身雇用と年功序列、これまでの戦後高度経済成長を支えたモデルから転換すべき今、日本は遅れ危機的状況です。その結果、約30年前は日本企業が多くの割合を占めていた時価総額ランキングでも日本企業は急降下で順位を落としています。だからこそ、日本企業は新たなビジネスモデルを構築し、従来の発想とは違うマインドセットが必要です。

    起業家育成MBAスクールであるバブソン大学にて山川恭弘准教授が教える起業家育成のための3つの教え、日本でイノベーションが阻害されてきた問題を米国最新のアントレプレナー情報をもとに分析。さらに失敗から学ぶイノベーションの育成方法について語っていただきます。

山川恭弘 准教授

バブソン大学 准教授
Venture Café Tokyo Executive Director
Cambridge Innovation Center Executive Director

慶應義塾大学法学部卒。カリフォルニア州クレアモルトのピーター・ドラッカー経営大学院にて経営学修士課程(MBA)修了。テキサス州立大学ダラス校にて国際経営学博士合(PhD)取得。2009年より現職。専門領域はアントレプレナーシップ。バブソン・カレッジでは学部生、MBA、エグゼクティブ向けに起業学を教える。数々の起業コンサルに従事するとともに、自らもベンチャーのアドバイザリー・ボードを務める。

15:00~15:15事務局よりご案内
15:15~15:30休憩
15:30~16:30トークセッション
  • 日本をバージョンアップさせる鍵は”非常識”にあり
  • 登壇者:伊藤 嘉明 氏 山川 恭弘 准教授
  • 最先端技術、高品質など日本ブランドが海外で大きなシェアと信頼を得ていた時代があった。果たして現在はどうでしょうか。VUCAの時代を勝ち続けるための「戦略」「イノベーション」「マーケティング」を客観的視点と既存ルールにとらわれない新しい方法で戦い抜いぬく為の共通項は「リーダーの役割」です。

    多くの企業で経営再建と新規事業創出、人材育成を担う伊藤氏と日本企業がグローバルにて勝ち抜くために必要な人材育成のポイントを伊藤氏と山川氏に語っていただきます。またエグゼクティブ層、マネジメント層育成の秘訣についてお伝えいたします。

【注意事項】

*セミナー内容、講師などプログラムが一部変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

*会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。

*講師の急病、天災その他の不可抗力、又はその他やむを得ない理由により、
講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

※コンサルタントおよび教育機関の方のお申し込みは、お断りする場合がございます。

ボタン_001

現在受付中のセミナー