TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > 「女性活躍推進」支援ソリューション

「女性活躍推進」支援ソリューション

1.毎年の「企業の女性活用度調査」で企業の最新動向がわかります

2.女性活躍を阻害する課題を的確に抽出、解決策をご提案します

3.研修やコンサルティング、女性活躍支援の実績も豊富です

日経WOMAN 元編集長・麓 幸子にお任せください

日経BP総研
マーケティング戦略研究所長・執行役員
日経ウーマン元編集長

「日経トレンディ」「日経ウーマン」「日経ヘルス」など生活情報関連分野から得られた知見を、企業や自治体などさまざまな事業活動に提供。研究員はそれぞれ雑誌媒体の編集長経験者で構成されています。

1984年筑波大学卒業。同年日経BP社入社。88年日経ウーマンの創刊メンバーとなる。2006年日経ウーマン編集長。09年日経ウーマンオンライン編集長兼務。12年ビズライフ局長。日経ウーマン、日経ヘルスなど3媒体の発行人となる。

14年より現職。同年法政大学大学院経営学研究科修士課程修了(キャリアデザイン学修士)。内閣府委員(仕事と生活の調和推進のための啓発のあり方に関する調査研究企画委員会)、林野庁委員(木材利用ポイント事業有識者委員会)、経団連・21世紀政策研究所研究委員などを歴任。経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」サポーター。筑波大学非常勤講師(ジャーナリズム論・キャリアデザイン論)。

所属学会:日本労務学会、日本キャリアデザイン学会、日本産業カウンセリング学会。一男一女の母。

編著書に『なぜ、あの会社は女性管理職が順調に増えているのか~先進20社が実践する女性人材育成の戦略と施策』『なぜ、彼女たちの働き方はこんなに美しいのか~22人の女性エグゼクティブのキャリアの軌跡』(ともに日経BP社)、『企業力を高める―女性の活躍推進と働き方改革』(共著、経団連出版)、『就活生の親が今、知っておくべきこと』(日本経済新聞出版社)などがある。

ボタン_021

このページのURLをメール