TOP > 映像教材 > 日経DVD利用上の注意事項

日経DVD利用上の注意事項

日本経済新聞出版社では、日経DVDの発行者・著作権者として、日経DVDのご利用に関して、下記の利用範囲と禁止事項等を定めています。当該禁止行為が判明した場合は、法的措置を講じる場合がありますのでご注意ください。

利用可能団体および利用範囲

  1. 日経DVDをご購入いただきました法人様内での上映、社員・職員様への貸し出し。
  2. 公共図書館、大学・学校図書館、視聴覚ライブラリ、公的機関・団体等が、非営利・無料で行う施設内での上映及び貸し出し。
  3. 都銀・地銀等、会員組織を有する金融機関が行う、会員企業への無料での貸し出し。

※会員企業数によって、複数本ご購入いただく場合がございます。

 

注意事項

  1. DVDは、DVDプレイヤーで使用してください。PCでの再生は動作保証しておりません。
  2. 過去に販売されたVHS版と同タイトルのDVD版の内容は同じです。
  3. VHS版での販売は終了しております。
  4. 監修者の所属・肩書は原則として制作当時のものです。
  5. 貸し出しは無償に限ります。
  6. DVD取り出しの際は、ケースの真ん中のボタンを押しながら取り出しください。
    近年、破損事故が多発しております。

 

▼ケースの真ん中のボタンを
押しながら取り出しください。

日経DVD利用上の注意

 

禁止事項

  1. コピー、ダビング、デジタル変換
  2. 営利目的での利用
  3. ネット回線を利用した上映・配信
  4. 別法人団体への又貸し
  5. 有線・無線にかかわらず、放送での利用(社内放送含む)
  6. 内容の改編