超万物開闢図譜

2400種類のモノの価値密度を分析評価し、付加価値アップの法則を提示する

超万物開闢図譜

COMPLETE ANALYSIS OF PRICE-VALUE INTERRELATION:
A COMPARATIVE APPROACH
ちょうばんぶつかいびゃくずふ
  • ■著者:川口 盛之助
  • ■価格:書籍のみ:880,000円(税込)
    ※本商品にオンラインサービスはありません。
  • ■発行日:2021年3月17日
  • ■レポート:A3変型判、約580ページ
  • ■書籍付属ポスター:A0判
  • ■発行:日経BP

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

日本のモノづくりは、付加価値を最大化するために、やるべきことがたっぷり残されている。

『超万物開闢図譜』は「重量単価」という切り口で、世界と日本のあらゆる商品を分析し、付加価値アップの法則を明らかにしたレポートです。創意工夫の成果が反映されればされるほど価値の密度が高まり、重量単価は上がるはずです。

そこで農林水産物、医薬品、エネルギー源、有機系組成物、電子材料、金属、構造材、産業機器、モビリティー、コンピューター、家電品、医療用機器、電子部品、巨大建造物、嗜好品、超高級品など、30テーマに分類した約2400種類のモノの重量単価を比較評価しました。幅広い分野・領域のモノの価値を見比べることで、付加価値アップのメカニズムが明らかになります。

未来学者の川口盛之助氏が、事業・商品開発に役立つように分かりやすく解説するとともに、付加価値アップのための「200の示唆」、「10大法則」、「3つの動機」を提示。日本のモノづくりの進むべき道筋を考察します。

『超万物開闢図譜』の構成

【本文版】約400ページ

30テーマに分類した約2400種類のモノのキロ単価と生産量を調査し、各分野における付加価値アップのメカニズムを解説します。異業種の常識や知恵を、自社商品に当てはめることで、新たな価値創造のヒントが見えてきます。

【図表版】約180ページ

縦軸は商品の「キロ単価」(11桁)、横軸は「1年間の総出荷重量」(12桁)のグラフ(座標図)です。全てを同じスケールで表現しているため、異なるテーマのグラフも直感的に比較できます。本文版と併せてお読みください。

【A0判ポスター】約180ページ

可能な限り多くのデータを1つの座標図に載せるために制作した、巨大サイズのポスターです。プロット総数は約700件。壁に貼って眺めることで、普段は考えもしない製品価値の関係性や付加価値アップの全体像が見えてきます。

※ポスターのデザインは変更になる場合があります。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

 

「超万物開闢図譜」目次

 

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018