TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > 技術士「建設部門」合格支援プログラム法人版

技術士「建設部門」合格支援プログラム法人版

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

法人版フルパック

下記①~⑤のエッセンスやコンテンツを取り入れたパッケージプログラム

受講風景1

2019年度 試験制度改定に対応!「完全マンツーマンの講義」と「回数無制限の添削」の最強プログラム

業務経歴票の書き方から筆記試験直前の対策まで網羅したフルラインアップのコース。合格論文の書き方はもちろん、業務経歴票の書き方や筆記試験直前の対策も含め、受講者一人ひとりの経歴などに合わせて「完全マンツーマンの講義」で指導します。

さらに、添削や模擬試験の出題テーマが本番の試験で相次いで出題されるなど、実践的な指導内容となっている点も特徴です。

土日、夜間など、受験者の方のご都合に合わせて、講師が貴社に出張講義いたします。論文添削は7月上旬到着分まで回数無制限で受けられます。

【講座回数】全3回(模擬試験付き)

【金額】5名様(開催地1ヵ所につき)1,230,000円(税込)~
+出張講義代

※募集科目:●土質及び基礎 ●鋼構造 ●コンクリート ●河川、砂防及び海岸・海洋 ●道路 ●施工計画、施工設備及び積算
上記科目以外の指導をご希望の場合はお問い合わせください。

※上記料金にはテキスト代(書籍「2019年技術士第二次試験建設部門合格指南」ほか)、添削代を含みます。
さらに、受験対策として、「日経コンストラクション」を1年間お届けいたします。

※受講者の方は「技術士取得支援サイト」の主要なコンテンツを2019年7月末までご覧いただくことができます。

※上記料金には会場施設利用料は含まれておりません。会場・運営等は貴社にてお手配くださいますよう、お願いいたします。

※開催地域によって、別途出張費用等を申し受けます。

※上記は基本プランです。科目別講義の追加など、オプションのご相談にも応じます(別料金)。

※上記内容等は2018年10月時点での予定です。変更となる場合があります。

※お見積りいたします。お気軽にご相談ください。

ボタン_018

①「国土交通白書の読み方」講座

2019年度の筆記試験はすべて記述式に。
改正に合わせた読み方と対処法を習得!

2019年度に技術士第二次試験が大幅に改正されます。必須科目が択一式から記述式に変わり、建設部門全般にわたるテーマについて解決策などを述べることになります。選択科目でも、出題の形式や対象とする範囲などが見直されました。
試験の内容が改正されても、国の政策や施策を踏まえた出題は続くとみられます。基本となるのが国土交通白書です。政策などの方向性を読み取って出題テーマを予測し、それぞれの背景や現状、論文に盛り込むべきキーワードを理解するうえで欠かせません。

この講座では「国土交通白書の読み方」をテキストに、試験対策で必須の国土交通白書の効率的な読み方を、改正のポイントや対処法を交えて解説いたします。

②合格ガイダンス

本講座の受講で合格率が従来の2倍になった企業も。
改正のポイントや出題内容の予測などを通して、19年度改正への攻略法を指南!

「改正のポイント」「業務経歴票の書き方」「効率的な勉強方法」「記述式対策と合格論文の書き方」をわかりやすく伝授します。

③「直前対策」講座

国土交通政策の要点と最新動向がわかる!

近年の出題内容を見ると、時流を意識した設問が増える傾向にあります。最新の国土交通政策に対する理解度が技術士試験の合否に大きく影響するにようになってきました。

本講座では試験直前の5月以降に、予想問題を手掛ける講師自らが講演。前年発行の国土交通白書に掲載されていない最新の政策動向を中心にわかりやすく解説します。

セミナー受講風景2

④「論文対策」講座

合格論文のノウハウを熟知した添削者が採点のうえ、合格水準に引き上げるためのアドバイスを行います。 Eメールによる提出のため、ご自身のペースで習得できます。

⑤ 模擬試験

独自の予想問題が相次ぎ的中!残り1カ月で合格レベルの実力に

本番さながらの予想問題に制限時間以内で解答していただきます。採点・添削のうえ返却いたします。

ボタン_018

※上記は2018年10月時点の予定です。変更となる場合があります。

※各プランごとでも見積りいたします。お気軽にご相談ください。

この商品にご関心の方にお薦めします