ツーリズムの未来2022-2031

旅行・観光産業、本当の成長はこれからやってくる

ツーリズムの未来2022-2031

  • ■[書籍とオンラインサービスのセット]742,500円(10%税込)
    [書籍のみ]495,000円(10%税込)
  • ■著者:EYストラテジー・アンド・コンサルティング
  • ■2021年12月24日発行
  • ■レポート:A4判、約300ページ
  • ■書籍付属CD-ROM:本体に掲載された図表を収録
  • ■発行:日経BP
  • Online見積書はこちら、経理処理のご相談はこちらから

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

今後10年のメガトレンドと、新たに生まれるビジネスチャンスを描く

コロナ禍によって壊滅的な打撃を受けた旅行・観光業界。しかし、人々の価値観の変化、経済・生活のデジタル化、グローバル化などを背景として、今後10年で旅行・観光産業は大きく変化し、成長が加速するでしょう。本レポートは、世界と日本のツーリズム市場の現状を分析、COVID-19が市場にもたらしたものを明らかにします。そして、旅行中だけでなく「タビマエ」「タビアト」まで含めた「旅行概念の多様化」、XR(拡張現実)、IoTといった「デジタル技術の取り込み」、MaaSやパーソナルモビリティといった「移動手段の多様化」など、ポストコロナ時代の新たな潮流と産業の未来像を描き出します。さらに、未来のツーリズムを支えるテクノロジーを分析し、IT、輸送、自動車、医療、農林水産、スポーツなど様々な周辺産業で新たに生まれるビジネスチャンスを提示します。

レポートの特徴

特徴1「旅行概念の多様化」「デジタル技術の取り込み」「移動手段の多様化」など、今後10年の変化の潮流を予測

特徴2自動運転、ドローン、XR、IoT、人間拡張、ブロックチェーンなどの先端技術がもたらす、新しいツーリズムの姿やビジネスモデルを考察

特徴3製造、食、医療・健康、スポーツ、IT、自動車など様々な産業に生まれるビジネスチャンスを提示

「ツーリズムの未来2022-2031」 目次

タイトルをタップすると詳細を表示します。

※内容は変更になる場合があります。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018