TOP > ビジネスソリューション > 調査レポート・専門書 > テクノロジー・ロードマップ

『テクノロジー・ロード
マップ』シリーズ

未来のマーケット・ニーズを予測し、そこから求められる機能、実現するために必要な技術を推定する
アプローチ手法で、今後10年の技術進化を予測。
すでに、1,700を超える技術系・研究機関にて、R&D戦略の立案ツールとしてご活用いただいています。

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

テクノロジー・ロードマップ2020-2029 ICT融合新産業編

R&D戦略立案の決定版

テクノロジー・ロードマップ2022-2031
AI/ICT融合新産業編

  • ■価格:書籍のみ:495,000円(10%税込)
    書籍+オンラインサービス:742,500円(10%税込)
  • ■著者:緒方 真一 他65名
  • ■レポート(A4判、約416ページ)
  • ■CD-ROM(本体掲載の図表を収録)
  • ■発行日:2022年3月1日発行
  • ■発行:日経BP
  • Online見積書はこちら、経理処理のご相談はこちらから

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートを手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスが始まりました。詳しくはこちらをご覧ください。

これから10年間の「市場の姿」と「技術の進化」を見通す

本レポートは、『テクノロジー・ロードマップ2020-2029 ICT融合新産業編』(2020年3月発行)にAIの要素を加え、「AI/ICT融合新産業編」として全面刷新した「テクノロジー・ロードマップ」シリーズの最新刊です。農業、モビリティー、製造、医療・介護、小売り・マーケティング、金融などICTの活用とともに近年、進化が著しいAIを融合することで新たな価値を生む11の産業にフォーカスしました。そして、各産業分野から、イノベーションを起こす83の技術を選定し、これから10年間の「市場の姿」と「技術の進化」を予測します。

テクノロジー・ロードマップ2022-2031
AI/ICT融合新産業編【目次】

タイトルをタップすると詳細を表示します。

活用事例をご紹介します

未来予測の調査・研究レポートで事業創出 / ユニアデックス株式会社

ユニアデックス株式会社様では、未来予測を担う新部門として「未来サービス研究所」を創設。その事業をサポートする調査資料として日経BP未来研究所『メガトレンド』を採用しました。膨大な文献や統計データを独自の視点で分析した未来予測情報を活かして、新たな企業戦略立案や新事業創出に挑んでいます。

詳しく見る

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018