TOP > ビジネスソリューション > 調査レポート・専門書 > 金融DX 戦略レポート 2024-2028

金融DX戦略レポート2024-2028

金融DX戦略レポート
2024-2028

「生成AI×金融」活用事例、
市場規模予測、DX導入意向調査、
金融79社最新分析、注目テクノロジー解説

  • ■価格
    書籍のみ:660,000円(10%税込)
    書籍+オンラインサービス:990,000円(10%税込)
  • ■編集:日経FinTech
  • ■発行日:2024年1月31日発行 ※予定
  • ■仕様:A4変型判、536ページ
  • ■発行:日経BP
  • ※書籍タイトル、目次、内容、表紙デザイン等は変更になる場合があります。
  • 経理処理のご相談はこちらから

オンライン見積りはこちら

本レポートの見積書を希望される方は こちら からダウンロードください

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

市場規模予測、生成AIの活用事例、金融機関のデジタル投資意向…
DXで競争力を上げるための、すべての情報がここに。

DXの巧拙が金融機関の競争力を左右する局面を迎えています。DXを進めるにあたっては、店舗など既存資産のあり方も大きく見直す必要があり、DXは金融機関にとっての経営戦略そのものといえます。自社で全てをまかなうのは難しく、FinTechスタートアップや異業種企業などとの提携も求められます。

本レポートは、金融機関におけるDXの導入実態や投資動向についての独自調査のほか、Embedded Financeなど注目分野の市場規模予測、主要プレーヤーのDX戦略などを網羅する一冊です。金融機関で急速に導入が進む生成AIの動向についても深掘りしています。ぜひ、本レポートを貴社の戦略策定にご活用ください。

レポートの特徴

特長1 デジタル金融サービス・市場規模予測

成長分野はどこか。注目分野分析とプレーヤーの動向

どの分野がどのような規模で拡大していくのか。注目分野について分析し、市場規模を独自に予測。さらに主要プレーヤーの動向もレポートします。

特長2 「生成AI×金融」最新動向・活用事例

全体動向、注目技術、先進企業の取り組み事例を解説

三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友海上火災保険 ほか、金融機関の活用事例も紹介

特長3 金融DX投資動向&導入意向調査

金融業界の現状と課題・投資動向を知る

金融業界におけるDXの実態と今後の投資意向を独自調査により明らかにしました。回答から攻めの施策から守りの施策、注力領域などを分析。自社の現在地を把握し、優先すべき課題がつかめます。

特長4 先進プレーヤーの戦略レポート

全体戦略、取り組み事例、将来展望まで

非対面取引の浸透、強まる脱炭素への要請など、社会や顧客の意識が大きく変化するなか、金融各社はどの領域に注力し、何を課題と捉えているのか。デジタル金融で注目すべき企業を日経FinTechが取材、最新動向をレポートします。

特長5 メガトレンド/注目テクノロジー

今押さえておくべきトレンドと技術を解説

金融事業への影響度が高いメガトレンドと、デジタル金融サービスの開発・伸長のために必ず押さえておきたい注目テクノロジーについて解説。戦略策定のベースとして知っておくべき情報をレポートします。

こんな方にお勧めです!

  • 金融機関で経営企画、新規事業開発、デジタル活用などを担当する方
  • ITベンダーのコンサルタント、営業担当者、SE
  • 金融サービスの導入を検討している企業の経営企画、新規事業開発を担当する方
  • 官公庁やシンクタンクで金融市場の調査に携わる方

金融DX戦略レポート 2024-2028
【目次】

タイトルをタップすると詳細を表示します。

※内容は変更になる場合があります。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018