女性活躍サーベイ

女性活躍サーベイ

CGC改訂、プライム市場を目指す
大手企業の実態と課題分析

  • ■書籍のみ 440,000円(10%税込)
    書籍+オンラインサービス:660,000円(10%税込)
  • ■編集:日経xwoman / 日経BP 総合研究所
  • ■発行日:2022年3月4日(予定)
  • ■仕様:A4判、約372ページ
  • ■発行:日経BP
  • Online見積書はこちら、経理処理のご相談はこちらから

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

コーポレートガバナンス・コード改訂、
プライム市場の新設で、待ったなし。
女性活躍をどう経営戦略に盛り込むべきか。

世界の投資家は「女性活躍度」によって投資先企業を選別する時代になっています。日本では、2021年6月のコーポレートガバナンス・コード(CGC)改訂、22年4月のプライム市場新設により、大手企業を中心に女性活躍の本気度が問われています。人材育成を軽んじた結果の女性管理職比率の低さや、数合わせの社外女性取締役の登用など、投資家の厳しいチェックは免れません。
本書では女性活躍の本質を明らかにし、企業がやるべきことの指針を示します。内容は大きく、①2021年企業の女性活用度調査、②上場企業全3823社の「女性取締役」人名録、③CGC改訂後の女性活躍展望、④キャリア女性の実態調査の4部で構成。業種別の女性活用の違いや、女性の社内取締役比率の実態をつまびらかにします。一方で、女性活躍で成果を上げるための具体策を、独自調査と先進企業・有識者への徹底取材により、実態・課題をあぶり出します。
女性活躍でビジネスの成果を上げることは経営の責務です。自社で取り組むダイバーシティ推進の立ち位置を把握し、今後の強化策を練るためにも、本書は経営者・リーダークラス必見の1冊です。

本書の特徴

特徴1 
2021年企業の女性活用度調査、
参加企業105社分析

女性活躍企業上位105社における「管理職登用度」
「ワークライフバランス度」「女性活躍推進度」
「ダイバーシティ推進度」実態と施策。ランキング分析

女性活躍度調査回答企業105社の戦略

特徴2 
上場企業、全3823社の
「女性取締役」人名録を収録

約2423人の女性取締役の氏名、役職、略歴、生年月日を
全掲載。業種別分析、社外取締役の傾向、
女性取締役ゼロ企業の実態などが一覧に

特徴3 
コーポレートガバナンス・コード
改訂後の女性活躍展望

プライム市場において、機関投資家は企業の女性活躍、
ダイバーシティの何を評価するのか

特徴4 
キャリア女性の実態調査 2022

20~50代、キャリア志向の女性たちの志向は?
Z世代からX世代まで仕事の価値観と
働き方の実際が明らかに

女性活躍サーベイ【目次】

タイトルをタップすると詳細を表示します。

※目次は変更になる場合があります

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018