TOP > ビジネスソリューション > 調査レポート・専門書 > 抗加齢・老化制御 最新医療/ビジネス総覧

抗加齢・老化制御最新医療/ビジネス総覧

抗加齢・老化制御最新医療/ビジネス総覧

  • ■書籍のみ 550,000円(10%税込)
    書籍+オンラインサービス:825,000円(10%税込)
  • ■調査:日経BP 総合研究所 メディカル・ヘルスラボ
  • ■発行日:2021年12月17日
  • ■仕様:A4判、約250ページ
  • ■発行:日経BP
  • Online見積書はこちら、経理処理のご相談はこちらから

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

リアルマーケットに到達した『アンチエイジング』

科学的に若返りが可能となり、新たなビジネスが到来しようとしている。疾病・病気の治療に加えて、新たに老化を制御する医科学が発達してきた。すでに超高齢社会にある日本、老化制御に巨額のマネーが動く米国など、本分野は将来のニーズが高く、今ホットな領域だ。団塊の世代が後期高齢者となりはじめる2025年問題、さらには少子高齢化で担い手も不足する2040年において、老化制御は必須の視点と新ビジネスとなる。本書では、医療・バイオ業界を40年以上俯瞳してきたジャーナリストに加えて、抗加齢・老化制御に携わる専門医師らが、最先端の医療と、それに付随するビジネスを詳述する。老化を上流で制御する可能性がある” 抗老化ビタミン’'NMNや、抗老化薬などの新たな動き、がん細胞以上に注目すべき新たな老化細胞とその対策としての老化制御ワクチン、日本人の老化制御の切り札とされる腸内細菌などを詳述する。また、主要臓器、足、耳、幹細胞など、個別の老化制御手法を第一線の医師らが、解説する。

本書の特徴

特徴1臨床応用まで進む、老化制御の今がわかる

特徴2世界的企業が老化制御ビジネスに参入!

特徴3最先端医療と新ビジネスについてアカデミア・専門医師・医療ジャーナリストが徹底解説

アンチエイジングはライフサイエンスの
新しいフロンティア。
腸内細菌叢の変容で寿命を延ばせるのか!?(図)

医療・健康データビジネス2022-2025 【目次】

タイトルをタップすると詳細を表示します。

※目次は変更になる場合があります

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018