TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > 「 ダイバーシティ 推進」支援ソリューション

「 ダイバーシティ 推進」支援ソリューション

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

知っていますか?女性の健康リスクは6兆円の経済損失!

出典:日本医療政策機構(2016年)

日経BP総研とラブテリの調査では、月経痛や更年期などの症状がある女性は、女性特有の症状で生産性が低下していると自覚する人が、月経関連で6割、更年期で5割でした。
2016年の日本医療政策機構の調べでは、働く女性約2,474万人のうち、婦人科疾患を抱える女性が17.1%。女性ひとり当たりの年間医療費は約33万5,000円、生産性損失額は約117万円。医療費と生産性損失額を合わせると約6兆3,700億円もの経済損失に!

ボタン_015

ボタン_021

「働き女子・ウエルネス・プログラム」概要

1.「企業白書(企業の健康課題レポート)」で自社の課題を見える化

女性社員を対象にwebアンケートを実施。
全国の女性の健康データベースと照合して、貴社の女性社員の健康課題を数値で明瞭化します。どこに手を打つべきかが見えます。

2.「企業保健室」で女性社員の健康リテラシーを高める

若い女性がチェックしておくほうがいい体組成、貧血、握力などの測定を行い、医師や専門家による健康講座で、大切な生活情報を学ぶ機会を作ります。同時に、「企業白書」で明らかになった貴社の女性社員の健康課題をベースに、受講者各人への健康目標設定のためのワークショップを行います。

3.費用の目安

企業白書35万円

企業白書と企業保健室のセット60人までで100万円

※詳細は、お問い合わせください。個別にヒアリングの上、お見積もりいたします。

【参考データ】20~50代の働く女性1,027名データから、わかった働く女性の実態

  • 1)健康状態に自信がある女性ほど⾧く健康で働き続ける自信があり、生産性も高い。
  • 2)健康状態に自信がある女性ほど離職検討の経験が少ない。
  • 3)女性特有症状により生産性低下を感じる女性社員は症状のある女性のうち月経関連6割/更年期5割。
  • 4)週50時間以上の労働で生産性が有意に低下。
  • 5)ヘルスリテラシーが高い女性社員ほど自分の不調に適切に対応でき、⾧く働き続けられる。
  • 6)朝ごはん/熟睡感/運動量が良好なほど生産性が高く、⾧く働き続けられる自信がある。
  • 7)離職の抑制に効果的なのは会社の制度への満足度。

このプログラムは「ヘルシー・マザリング・プロジェクト」の企画です。

https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/DRS/19/mothering/
日経BP総研メディカル・ヘルスラボが、アカデミア、企業、自治体、働く女性、学生などと連携しながら女性の栄養問題について、広く社内に認知・啓発し、改善策を検討し社会実装していこうという活動で2018年からスタート。

同プロジェクトは、体調を良くして、仕事のパフォーマンスをもっと上げたい人、将来、赤ちゃんが欲しいと思っている人に知っておいてほしい知識やニュースを伝え、現状の問題点を解決する方法を提案します。ロート製薬様、明治様、バイエル薬品様などがコア・パートナーとして協賛。

ボタン_015

ボタン_021