TOP > サマリー > 日経ビジネスクール オンライン講座 > Excelで始める統計学 データ分析基礎編

雑誌ロゴ

Excelで始める統計学 データ分析基礎編

受講料18,000円(税別)

Excelでここまでできる!

この講座はExcelでデータ分析を行う基礎知識を提供します。マスターすると、売り場面積と売上高との関係など2つのデータ間の関係、 話題スポットの人気の理由など人気への要因の寄与度、仕様からの価格の予測などができるようになります。マーケティング、商品開発などデータ分析を行う方の受講をお勧めします。

ボタン_066

法人利用・各講座の詳細・コンテンツデータ販売に
ついてはこちらからお問い合わせください

ボタン_021

講座の狙い

Web上の学習画面を読み、自動採点形式のテスト問題で理解度を自己チェックしながら、確実に学習を進めましょう。気がついたことは、 Lectureノートなどのダウンロード資料に書き込みましょう。後々まで手元に残せる資料となります。

※標準受講時間は、Lectureを一通り読み進めるために必要な時間の目安です(この標準学習時間にはテストの時間は含まれていません)。

※学習画面はプリントアウトできませんが、ライブラリーにダウンロードできる関連資料(ワード、エクセルで作成)をご用意しています。

※受講には、エクセルの基本操作のスキル(ファイルを開いたり、データを書き換えるなど)が必要です。

※本講座では、エクセルの「分析ツール」を使ってヒストグラム、基本統計、回帰分析などを行います。「分析ツール」は、通常のインストールでは組み込まれていませんので、アドインする必要があります。アドインするには、パソコンを購入した際のOfficeソフトウエアのCD-ROMなどが必要です。「分析ツール」の追加方法については、教材ページの中でご説明しています。

プログラム

タイトルをタップすると詳細を表示します。

  • 円グラフと折れ線グラフの使い分けについて学びます。
  • ●データ分析の意義
  • ●円グラフ
  • ●折れ線グラフ
  • 棒グラフとステレオグラムの使い分けについて学びます。ピボットテーブルの使い方も学びます。
  • ●棒グラフと各種グラフ
  • ●ピボットテーブル
  • ●ステレオグラム
  • パレート図とヒストグラムの使い分けについて学びます。
  • ●パレート図
  • ●ヒストグラム
  • 代表値とバラツキ度合いの指標について学びます。
  • ●データの要約と平均
  • ●平均値以外の代表値
  • ●代表値と分布を示す基本統計量
  • 散布図による相関関係の洗い出しと相関係数について学びます。
  • ●散布図
  • ●相関
  • ●関係式と最小自乗法
  • ●関係式の実践
  • ●相関係数と誤差
  • 重回帰分析により情報を複数のファクターの式であらわすことを学びます。
  • ●重回帰分析の初歩
  • ●重回帰式による分析
  • ●回帰分析による予測と要因分析
  • ●重回帰分析の実践
  • 必要最小限の要因で、注目している情報を表現することについて学びます。
  • ●回帰分析のおさらい
  • ●最適な回帰式を求める
  • ●要因分析と影響度
  • 最も「効き」のいい要因を探す秘訣を学びます。
  • ●説明変数選択規準
  • ●説明変数選択規準の活用
  • 男性化粧品を例に、売れ行きと要因との関連を分析します。
  • ●男性化粧品の人気と年齢
  • 行ってみたいスポットの人気の要因を分析します。
  • ●人気キャラ商品の秘密に迫る
  • ●スポットの人気の要因を探る

ボタン_066

法人利用・各講座の詳細・コンテンツデータ販売に
ついてはこちらからお問い合わせください

ボタン_021