TOP > サマリー > 日経ビジネスクール オンライン講座 > CS(顧客満足)発想のマーケティング基礎

雑誌ロゴ

CS(顧客満足)発想のマーケティング基礎

受講料18,000円(税別)

~自社商品の価値の最大化を目標に!~

どんなビジネスも、「顧客(お客様)」なくして成り立ちません。企業のあげる「コスト+利益」のすべてを負担されているのは、「顧客」であるといえます。今後人口が減り、マーケットが小さくなっていくと、競争はますます激しくなります。
1.現在の自社の顧客の支持を維持すること
2.新規に、自社の顧客になっていただける方(企業)を創造すること
この2つを大命題としてマーケティング戦略の立案と実施を考えることが重要です。

ボタン_066

法人利用・各講座の詳細・コンテンツデータ販売に
ついてはこちらからお問い合わせください

ボタン_021

講座の狙い

~マーケティングの基本を「顧客満足」という視点から~

この講座では、マーケティングの基本を「顧客満足」という視点から解説します。
「自社のマーケティング活動に、どう結びつけて考えられるか」を重要と考え、それぞれの項目の説明にはみなさんがよくご存知の商品・サービス・企業事例を 取り入れました。「教科書的なマーケティング概論」ではない、現場に即した実践的なマーケティングを楽しく学びましょう。
Web上の学習画面を読み、自動採点形式のテスト問題で理解度を自己チェックしながら、確実に学習を進めましょう。気がついたことは、 Lectureノートなどのダウンロード資料に書き込みましょう。後々まで手元に残せる資料となります。

※標準受講時間は、Lectureを一通り読み進めるために必要な時間の目安です(この標準学習時間にはテストの時間は含まれていません)。

※標準受講時間は、Lectureを一通り読み進めるために必要な時間の目安です(この標準学習時間にはテストの時間は含まれていません)

※学習画面はプリントアウトできませんが、ライブラリーにダウンロードできる関連資料(ワード、エクセルで作成)をご用意しています。

プログラム

タイトルをタップすると詳細を表示します。

  • 「顧客」という視点で考えてみよう
  • ●マーケティングの目的
  • ●「戦略」とは何か、「価値」とは何か
  • 自社の商品・サービスをイメージしながら考えよう
  • ●「消費財」と「産業財」の違い
  • ●「消費財」「産業財」「サービス」の相違点と特徴
  • ●自社ブランドの確立
  • 正確な現状把握は、戦略立案に必須の条件
  • ●3C分析について
  • ●市場分析のポイント
  • ●自社・競合の「強み・弱み」の分析
  • ●SWOT分析(「強み」、「弱み」の比較要素)
  • 「顧客」を見定め、自社の立ち位置を見極めよう
  • ●セグメンテーションと、ターゲット顧客の決定
  • ●マーケットシェアの考え方
  • ●プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(=BCGポートフォリオ)
  • ●ポジショニング別競争戦略
  • ●競争戦略「5つの競争要因」
  • ●WIN?WINの法則
  • 4P戦略の目的は、「価値の最大化」
  • ●商品戦略(Product)
  • ●価格戦略(Price)
  • ●流通戦略(Place)
  • ●プロモーション戦略(Promotion)

ボタン_066

法人利用・各講座の詳細・コンテンツデータ販売に
ついてはこちらからお問い合わせください

ボタン_021