DXサーベイ2

IoTセンサー総覧 2019

新型コロナ危機で企業のDXが加速。
先進企業のDX強化戦略、各ITベンダーの成功シナリオ…デジタル変革で勝ち抜くための情報がここに。

DXサーベイ2

Withコロナ時代の実態と課題分析

  • ■著者:日経BP総研 イノベーションICTラボ 所長 戸川尚樹 上席研究員 渡辺享靖
  • ■発行日:2020年11月25日(予定)
  • ■仕様:A4判、約400ページ
  • ■発行:日経BP
  • ■価格:書籍+オンラインサービス:本体980,000円+税
    書籍のみ:本体800,000円+税
  • Online見積書はこちら、経理処理のご相談はこちらから

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

DXサーベイ(好評既刊・2019年11月発行)とのセットでのご購入がお得です!

DXサーベイ」書籍と「DXサーベイ2」書籍のセット購入
■セット特価:本体1,440,000円+税
 単品合計の10%引き
DXサーベイ」書籍+オンラインサービスと「DXサーベイ2」書籍+オンラインサービスのセット購入
■セット特価:本体1,764,000円+税
 単品合計の10%引き

Withコロナ時代、DXにどう取り組むべきか?企業が抱える課題や実態を多面的に調査・分析し、DXで成果を上げるために必要な情報を徹底網羅

Withコロナ時代に日本企業は、どのようにデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組めばよいのでしょうか――。

新型コロナ危機でDXに関心を持つ企業が増えるなか、改めてDXの本質を明らかにし、企業がやるべきことの指針を示します。内容は大きく、①Withコロナ時代の865社デジタル化実態調査、②コロナ以前/コロナ以後のDX推進度、③先進22社のDX戦略レポート、④アフターコロナ時代を見据えたDX方法論の4部で構成しています。

コロナ以前と以後で変化したこと・変わらないこと。Withコロナ時代に生き残るための優先課題。デジタル化で解決すべき重要なテーマ。DX投資は増やすべきかどうか。DXで成果を上げるための具体策…。独自調査と先進企業・有識者への徹底取材により、Withコロナ時代のDX実態・課題をあぶり出し、DXで成果を上げるための要諦を明らかにします。

DXでビジネス成果を上げることは経営の責務です。自社で取り組んでいるデジタル化の立ち位置を把握し、今後の強化策を練る。このためにも、本書は経営者・リーダークラス必見の1冊です。

DX推進に不可欠な情報を
完全網羅!

865社
デジタル化実態調査

Withコロナ時代における
日本企業の現状と課題を知る

コロナ以前/コロナ以後の
DX推進度

2019年調査結果との比較で、
新型コロナの影響を明らかに

先進22社DX戦略レポート

資生堂、デンソー…
攻めのIT戦略と次の一手

主要ITベンダー/コンサル22社のDX方法論

どこと組むべきか。
各社が提唱するDX成功のシナリオ

こんな方にお勧めです!

  • ユーザー企業の経営企画部門、CIO、DX推進部門
     DX戦略の立案・実行に効く
  • ITベンダーで中長期戦略を立案する方
     ソリューション事業計画に効く
  • ITベンダーのコンサタント、営業担当者、SE
     顧客企業への提案書作成に効く

「DXサーベイ2」 Withコロナ時代の実態と課題分析 目次

タイトルをタップすると詳細を表示します。

※内容は変更になる場合があります。

活用事例をご紹介します

未来予測の調査・研究レポートで事業創出 / ユニアデックス株式会社

ユニアデックス株式会社様では、未来予測を担う新部門として「未来サービス研究所」を創設。その事業をサポートする調査資料として日経BP未来研究所『メガトレンド』を採用しました。膨大な文献や統計データを独自の視点で分析した未来予測情報を活かして、新たな企業戦略立案や新事業創出に挑んでいます。

詳しく見る

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018