CSR早わかり [DVD]

商品画像 CSR早わかり

CSRマインドを組織の全構成員で共有

  • 発行:日本経済新聞出版社
  • 監修:松本恒雄(一橋大学大学院教授)
  • DVD(全1巻 約40分)
  • 対象:全従業員

価格: 80,000円+税

カートに入れる

企業の社会的責任は、構成員一人ひとりの責任

企業が持続的な発展を続けていくための考え方として、CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)が注目を集めています。CSRとは、「企業が経済活動を通して社会的に存在している以上、その社会の一員として、ステークホルダー(利害関係者)と良好な関係を築き、サポートしあっていかなければ、共存共栄できない」というものです。

これからの企業・ビジネスパーソンは、環境・品質・人権・雇用・コンプライアンス・消費者保護・地域貢献など、さまざまな分野でステークホルダーとの共生を念頭に置き、CSRマインドに即した日常活動をしなければなりません。「CSRとはどのようなものなのか」「一人ひとりのビジネスパーソンは、どこから、どのようにCSRを踏まえた活動をすればよいのか」―。

このビデオは、組織の全構成員のコンセンサスとしてのCSRマインドを醸成するための、「きっかけ」を提供する研修ツールです。CSRのポイントを身近な事例をベースにわかりやすく解説します。

CSRの基礎教育用に最適です

■(1)はCSRの基本的な考え方や国際的な背景を、(2)はCSRマインドを日常業務の中で実践するためのヒントを解説します。

■一般従業員向けのCSR基礎教育用に最適なビデオです。管理者向けの研修コンプライアンス研修人権啓発研修新入社員研修などさまざまな研修メニューでの併用が可能です。

DVD収録内容

(1)CSRの基本を知る(約20分)

●CSRとは何か
●多岐にわたるCSRの範囲
●広まるSRI(社会的責任投資)の動き
●国際標準化の動きと今後の展望

(2)CSRにどう取り組むか(約20分)

●企業風土としてのCSR
●自社のステークホルダー(利害関係者)を再認識する
●CSRへの取り組みを考える-安全
●CSRへの取り組みを考える-環境
●CSRへの取り組みを考える-人権

価格: 80,000円+税

カートに入れる