TOP > 専門情報誌 > 日経アーキテクチュア

日経アーキテクチュア 最新号

発行:日経BP

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

最新号 2022年6月23日号

特集 建築をアップデートするベンチャー 100

・建築をアップデートするベンチャー 100
建設業界に新風を巻き起こす100社を一挙公開
・落合陽一CEOが挑む建設業界 変革にベンチャー100社は必要
・ロボットや自律重機で作業楽々
・狭所も高所もドローンが見張る
・現場の3次元データ化を後押し
・資金調達総額が過去最大の7800億円に
・AIを頼れる相棒に
・デジタルで建築生産を変える
・材料で建築 ・ 都市をエコに
・IoTで建築を賢く安全に
・準大手以下のゼネコンも数十億円の投資枠
・我こそは建設DX請負人
・職人や建設会社をじかにつなぐ
・メタバース争奪戦が始まった
・シリコンバレー流 「ベンチャー協業」 5カ条
・水問題や気候変動と対峙
・メンテナンスの革新に挑む
・激甚化する災害に備える

News クローズアップ

・ 「空飛ぶ部屋」 で生産性向上 木造ユニットを積む鹿島のフライングボックス工法

News 時事

・都が住宅会社などに太陽光設置を義務付け
都内で年間2万m2以上の新築物件を供給する企業が対象
・首都直下地震の被害想定を10年ぶり改訂
最大で死者6148人、建物被害19万4431棟と推計
・道路境界線を55cm誤り住宅取り壊しへ
藤沢市が建て直し費用など約2300万円を賠償

News 技術

・コンクリート表面に塗るだけでCO2吸収
清水建設と北海道大学が開発、耐久性を高める効果も

News プロジェクト

・渋谷マルイが 「本格的木造商業施設」 に
設計のリードデザイナーに英フォスター事務所を起用

フォーカス[建築]

・千光寺頂上展望台PEAK(広島県尾道市) 橋梁型デッキで瀬戸内を一望

フォーカス[住宅]

・本太の家(さいたま市) 適度な距離感の2世帯住宅

光を生かすディテール

・総持寺POTALA/田辺聖公会マリア礼拝堂 広谷純弘氏 アーキヴィジョン広谷スタジオ代表、東京理科大学教授
光は建築の親しい友人

ARUPの仕事論

・豪州の大学に木造ユニット建築 「エンジニアリングウッド」 の潮流

建築確認の誤解 ・ 省エネ編

・省エネ適判と建築確認の申請書類の違い

新製品

・デッキ デッキDC

著者に聞く

・モノとの関わり方を考え直す

読者から/編集部から

・学生は研究で能力を育てよ

 

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_033

ボタン_063

「日経クロステック」とのセット購読
がお薦め。詳しくはこちら!

毎月第2・第4木曜日発行(年24冊)

雑誌購読料金(税込)
1年(24冊)26,200円 
3年(72冊)52,400円

+「日経クロステック」(税込)
1年(24冊)41,000円