TOP > 専門情報誌 > 日経アーキテクチュア

日経アーキテクチュア 最新号

発行:日経BP

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

最新号 2022年1月13日号

特集 気候変動VS建築

・気候変動vs建築 脱炭素や自然災害対策が建築ビジネスを変える
・高まる発注者のCO2削減意欲 気候変動が建築ビジネスを変える
・ROUND1 気候変動の 「緩和」 ZEB/ZEB化のカギ握る創エネ技術 窓も壁も太陽光発電所に
・盛り上がる電力販売契約モデル/PPAは太陽光普及の切り札になるか
・ROUND2 気候変動の 「緩和」 木造ビル/ゼネコンには負けられない 中高層木造に住宅会社が参戦
・ROUND3 気候変動の 「緩和」 新材料/CO2の吸収 ・ 固定で汚名返上 脱炭素コンクリート戦国時代
・ROUND4 気候変動の 「緩和」 躯体再利用/解体するだけじゃ能がない 既存躯体の再利用に拡大の兆し
・ROUND5 気候変動の 「緩和」 環境経営/建設現場の排出量を開示せよ 強まる発注者からの圧力
・ROUND6 気候変動への 「適応」 水害対策/大手デべがこぞって指針見直し 加速するマンションの浸水対策
・ROUND7 気候変動への 「適応」 水上建築/海面水位の上昇に備える 現実味を増す海上都市構想

News クローズアップ

・大阪 ・ 雑居ビル火災で25人死亡 2方向避難は確保されず、唯一の避難経路で放火か
・遠隔タワークレーンを実戦投入 全作業は国内初、竹中 ・ 鹿島が複数現場に配備へ

News 時事

・国交省が受注統計データを不正書き換え 二重計上でGDPに影響も、第三者委で検証へ
・米国史上最大級の竜巻被害 死者80人超、被害の全容はいまだつかめず

News プロジェクト

・東京ドームが過去最大規模の改修計画
巨大ビジョン新設やDX化で新たな観戦価値の提供目指す

建築訴訟 「ここが知りたい」

・アスベスト被害は 「建物所有者らの責任」
市と管理会社の連帯で約2600万円の賠償命じる

フォーカス[建築]

・石垣市新庁舎(沖縄県石垣市) 空港跡地に赤瓦の山並み

建築巡礼

・浦添市美術館(1989年) 群れ立つ塔

新次元! 雨漏り対策

・屋根断熱の通気不良で結露発生

新製品

・扉 famitto(ファミット)

知る ・ 見る ・ 遊ぶ イチ押しイベント



読者から/編集部から

・ 「監理」 おざなりにしていないか

 

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_033

ボタン_063

「日経クロステック」とのセット購読
がお薦め。詳しくはこちら!

毎月第2・第4木曜日発行(年24冊)

雑誌購読料金(税込)
1年(24冊)26,200円 
3年(72冊)52,400円

+「日経クロステック」(税込)
1年(24冊)41,000円