TOP > 専門情報誌 > 日経アーキテクチュア

日経アーキテクチュア 最新号

発行:日経BP

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

最新号 2020年4月9日号

特集 改正民法で契約が変わる

・改正民法で契約が変わる
・ビジネスの基本ルールが変わる 約120年ぶりの大改正、契約約款も改訂に
・問われるのは 「契約不適合」 「種類」 「品質」 「数量」 の3要件で判断する
・時効改正で責任期間は延びる 約款では設計 ・ 施工とも 「2年保証」
・契約関係を打ち切りやすくなる 清算ルールの明確化など急ぐ必要
・設計 ・ 監理は準委任か請負か 改正はないが約款などで立ち位置明確化
・新たな争点に 「帰責性」 が浮上 紛争の長期化、消費者保護後退の懸念も
・大森文彦弁護士 契約書の重み受け止めよ 設計者は 「善管注意義務」 を再認識すべし
・4割強がトラブル増加を予想 受発注者ともに法解釈の食い違いを懸念
・契約解除のリスクに備えよ 法改正を報酬見直しの契機と捉える声も

News クローズアップ

・コロナ病院、急速施工の秘密 なぜ武漢 ・ 火神山医院は10日で稼働できたのか

News 時事

・東京五輪 「延期」 の衝撃 経済損失は数千億円から数兆円との試算も
・換気をどうする? 建築学会などが緊急談話
新型コロナウイルスの感染防止で注目浴びる 「換気の励行」
・トヨタ ・ NTT連合、照準はスマートシティー
相互に2000億円を出資、スマートシティーの基盤構築
・前田建設工業の敵対的TOBが成立 前田道路の535億円特別配当には 「反対」

News 技術

・プレストレスト木質構造を実用化 木の梁で11mスパンを可能に
・360度画像の中で建設現場を 「歩き回る」 米150社が使うクラウドサービスが上陸

News プロジェクト

・コロナ禍でJR芦屋駅前の再開発中断へ 市議会が税収悪化を懸念して事業見直しを要求
・ユニクロが横浜に公園型店舗
藤本壮介氏やヘルツォーク&ド ・ ムーロンをデザイナーに起用

建築訴訟 「ここが知りたい」

・積算ミスの損害賠償で 「覚書」
「クニマス未来館」 訴訟、設計者に和解金の支払い命じる

カウントダウン東京五輪

・新宿住友ビル ・ 三角広場(東京都新宿区) 超高層空地に巨大 「広場」 増築

トピックス

・防火 ・ 避難設計に“新常識” 規定の見直しで木質化や既存活用促す

建築紀信

・虎ノ門 ・ 麻布台プロジェクト

フォーカス[住宅]

・八度の家(東京都世田谷区) LVL壁が家を斜めに貫く

建設版 働き方改革

・残業を減らして待遇を改善

断熱改修の第一歩

・熱の移動を理解して 「漏気」 に注意を

新製品

・エクステリア みられ/美楽麗

読者から/編集部から

・改正建築士法の意義

 

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_033

ボタン_063

「日経クロステック」とのセット購読
がお薦め。詳しくはこちら!

毎月第2・第4木曜日発行(年24冊)

雑誌購読料金(税込)
1年(24冊)24,900円 
3年(72冊)49,800円

+「日経クロステック」(税込)
1年(24冊)39,700円