TOP > 専門情報誌 > 日経Automotive

日経Automotive 最新号

発行:日経BP

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

最新号 2019年10月号

Close-up

・ 「スカイアクティブX」 異例のハイオク追加

VOICE

・GM系、無人タクシー商用化を延期 ほか

Automotive Report

・事業改革の成果で明暗 自動車7社の19年度1Q決算
・エンジンの熱効率高める気筒休止や燃焼圧センサー
・レベル4完全自動駐車を独当局承認 ダイムラーとボッシュが 「世界初」
・市販車最強 「GT-R」 V6エンジン 「匠の日産」 が異例の生産手法
・新型 「N-WGN」 の自動ブレーキ 街灯なくても夜間歩行者を検知
・独高級車、20年に新型HUD採用 「10m先に80インチのAR」 を表示
・ジェイテクト、後輪の電気駆動機構 23年めどHEV向けに参入
・ハンマー投げの球を自動回収 3つのカメラで追従走行
・トヨタが東京五輪用EVを開発 専用の超小型PFを活用
・デンソーとトヨタが 「ポストSiC」 酸化ガリウムかダイヤモンドか
・トヨタ研究子会社、地図データ開発 「中立的なデータ共有基盤必要」
・フィアット、初の商用EV 配送用途で需要あり

New Car Report

・日産自動車 「スカイライン」 先進性のHEV、走り重視のエンジン車

Cover Story 2030年“ LCA規制” 中核はエンジン

・2030年“LCA規制”中核はエンジン トヨタ ・ 日産 ・ ホンダのパワートレーン戦略
・熱効率50%、“LCA規制”で必須
・多面なトヨタ、技術絞る日産 ・ ホンダ
・トヨタ自動車 マイナスエミッションを実現したい
・日産自動車 VCR技術中核に熱効率50%へ
・ホンダ 次のエンジンにプレチャンバー

Features1

・ダイハツ DNGA発進 世界を攻めるコスト競争力

Features2

・車載電池 パック見据えた開発に軸足

Features3

・2035年の高級車 ベントレーがEVコンセプト

連載講座 自動車技術者のためのAI入門

・深層強化学習で高度な判断 一般道で 「レベル3」 を実現

連載講座 パワートレーンメカニズム

・単気筒でも低振動 2つの回転運動を組み合わせる

News Digest

・ジャガーランドローバー、既存工場を電池工場に変換 EV化への投資で英国の雇用を守る ほか

Market Watch

・全面改良した 「デイズ」 「タント」 が 「N-BOX」 を追う 登録乗用車はプラス、軽4輪乗用車はマイナス ほか

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_033

ボタン_063

「日経 xTECH」とのセット購読がお薦め。詳しくはこちら!

毎月11日発行(年12冊)

雑誌購読料金(税込)
1年(12冊)23,300円 
3年(36冊)46,600円

+「日経 xTECH」(税込)
1年(12冊)38,100円