TOP > 専門情報誌 > 日経コンストラクション

日経コンストラクション 最新号

発行:日経BP

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

最新号 2020年1月13日号

特集 2020年の土木界

・2020年の土木界
・許されざる短工期 民間含め違反した発注者に勧告も
・監理技術者の兼任 2現場まで担当可能に
・働き方改革 中小に迫る労基法対応
・新資格 「技士補」 技士の試験制度は20年度が最後
・建設キャリアアップシステム 登録数伸び悩みてこ入れ策
・外国人技能者 待遇改善が急務
・国土強靭化 自治体で地域計画の作成が進む
・気候変動対応 降雨量増加で水害対策見直し
・逆線引き 土砂災害の恐れある開発に歯止め
・i-Construction 重点はICT施工からデータ活用へ
・インフラメンテナンス 長寿命化計画づくりの総仕上げ
・コンセッション 空港や水道をまとめて民間運営に
・M&A 好景気と人不足が再編を後押し
・建設業許可の要件緩和 役員確保を容易にして廃業防ぐ
・インフラシステム輸出 官民一体で30兆円の受注達成へ
・独禁法改正 協力度に応じて課徴金減額幅を拡大
・民法改正 120年ぶりに請負ルール見直し
・BIM/CIM 国の直轄事業で適用対象を拡大
・ドローン 点検分野で拡大と浸透
・重機の自動運転 多台数運転の実用化で世界をリード
・建設3Dプリンター 開発競争は海外が先行
・AI 自治体の橋で診断AIの実験続々
・プレキャスト 新工法で工期短縮を一段と加速
・グリーンインフラ プラットフォーム設立元年に
・消音テック 騒音 ・ 振動対策が技術力の差に
・公共交通の自動運転 無人の電動カートが定期運行
・ゼネコン研究開発投資 20年代前半に勝負を賭ける
・東京都心の主要駅整備 虎ノ門ヒルズ駅と高輪新駅が開業
・関西圏鉄道網 新線建設で関空と都心を近づける
・首都圏道路網 五輪後見据え3環状の整備が山場
・関西圏道路網 大阪中心部で2路線の供用を開始
・地方の主要道路 中部横断道や復興道路が延伸
・新幹線 2大事業の難局打開に向け調整継続
・滑走路の増設 那覇 ・ 福岡に成田も続く
・クルーズターミナル 国際クルーズ拠点の整備相次ぐ
・バスタプロジェクト 全国展開に向け法整備進む
・新型物流インフラ 物流の進化が道路を革新
・ナショナルサイクルルート 自転車道で訪日外国人を呼び込む
・五輪時の渋滞対策 開催期間中は都心の工事を抑制
・洋上風力発電 SEP船に未来を託す

NEWS 時事 ・ プロジェクト

・20年度予算も公共事業費は高水準
・全長2.7kmの連続斜張橋を神戸港に
・浸水区域への居住誘導、対策に着手

NEWS 技術

・ねじが応力を測って知らせる
・遠隔操作室が重機の動きとシンクロ
・強アルカリ性の建設汚泥をCO2で中性化

新製品 ・ 新サービス

・マンホールポンプ遠隔監視 マンホールポンプAIサポートシステム
運転データを自動分析 異常を早期に通知

読者から

・人材の掘り起こし、国内にも目を向けて ほか

記者の眼

・インフラから日本の輝きを取り戻す10年に

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_033

ボタン_063

「日経 xTECH」とのセット購読がお薦め。詳しくはこちら!

毎月第2・第4月曜日発行(年24冊)

雑誌購読料金(税込)
1年(24冊)24,900円 
3年(72冊)49,800円

+「日経 xTECH」(税込)
1年(24冊)39,700円