TOP > 専門情報誌 > 日経ものづくり

日経ものづくり 最新号

発行:日経BP

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

最新号 2020年4月号

特集1 すきま作業はゆるロボに

・すきま作業はゆるロボに
・“完全”の呪縛を解けば ゆるロボでいろいろ自動化できる
・究極の協働ロボ、内視鏡手術の支援に日本製いよいよ登場
・島津製作所 カイゼンの主役は14万円の中国ロボ “5分に1回”の軽作業を自動化
・デンソーウェーブ 組み立てから検査まで3台が連携 レゴ製治具で単純作業にも一工夫
・鹿島建設 4足歩行ロボが危険箇所を点検 人には少しの無理もさせない
・島津総合サービス 池尻正尚氏 GRIPS 森田 康氏 RUTILEA 矢野貴文氏
革新を導くキーワードはオープンソース
・デンソーウェーブ 澤田洋祐氏 無くせない作業を狙いうち
・COBOT.TPS 猪口哲也氏 安いロボをシンプルに使うべし
・アールティ 中川友紀子氏 ロボットの失敗は同僚がフォロー
・日立キャピタル 芝崎理人氏 付加価値のない作業こそロボットに
・デンソー 山田隆太氏 デンソー 松井祐樹氏
刈谷をソフトウエアの聖地に、デンソーがマイクロマウス大会を開催する理由
・国際ロボット展/ロボデックス/国際ホテル ・ レストラン ・ ショー
新型協働ロボ続々、周辺技術も充実 簡単ティーチングや高機能化で幅広いユーザーに寄り添う

特集2 緊急特集 コロナショック

・緊急特集 コロナショック 新型感染症が製造業を揺るがす
・ 「人」 「物」 の流れを止める新型コロナ 未曾有の停滞 ・ 寸断に立ちすくむ現場
その時企業はどう動いた?
・ 「型の図面が中国にしかない」 グローバル化が難しくした新型コロナ対応
機能不全化した製造業
・中国からの部品調達が困難 「物」 と 「人」 の流れの寸断に危機感
製造業揺るがした60日
・供給網の混乱やリスク回避に四苦八苦 アンケート自由回答にみる現場の不安
不安溢れる現場の声
・調達先や設備保全でリスクを同時管理 事前の形式知化への努力が危機に効く
危機に勝てる工場へ

挑戦者

・オムロン技術 ・ 知財本部 研究開発センタ主査 プロジェクトリーダー 八瀬哲志
人とロボを融合 AIで限界引き出す

ものづくりQuiz

・カシオ新作 「BABY-G」 の部品 良品はどれ?

ニュースの深層

・ニコンやJUKIが自社製品に採用 自動車大手も注目の3D計測技術 「光コム」
・国産新ロケットH3、20年度内打ち上げへ 試験順調、主エンジンの性能達成にめど
・クラウドにCADデータ置き共同作業 SOLIDWORKSとアプリの連携基盤

レポート

・AMとデジタルツインで個別最適生産 シーメンスがHM20で見せる先進事例
・アイトラッキングでVR訓練の効果アップ B-EN-G、台湾HTCのHMDに対応

現場のからくり傑作選

・作品No.005 ゼンマイの力で発進する台車/作品No.006 動力要らずの部品搬送装置

PICK UP

・コニカミノルタとNEC、ローカル5G活用によるDX推進で協業 ほか

トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます

・変革期を乗り越えるには

中国工場の歩き方~設計編~

・不良発生時に訪問する勘所

今さら聞けない ものづくり基礎再入門

・材料編(13) 材料知識の難しさと習得のコツ

EDITORS’ ROOM

・読者から/編集部から/次号予告

日経xTECHラーニングINTERVIEW 人気講師に聞く!

・フォーマルハウト ・ テクノ ・ ソリューションズ ・ ダイレクター 柏尾南壮 氏
誤解の多い 「5G」 、活用は正しい理解から

 

定期購読のお申し込み

クレジットカード払いの
「らくらく購読コース」なら
初回購読料10 %オフ!

ボタン_033

ボタン_063

「日経クロステック」とのセット購読が
お薦め。詳しくはこちら!

毎月1日発行(年12冊)

雑誌購読料金(税込)
1年(12冊)17,900円 
3年(36冊)35,800円

+「日経クロステック」(税込)
1年(12冊)32,700円