未来調査2026 全産業編

脱炭素、ESG、DX、ウェルビーイングなど
50を超えるテーマを徹底分析。
延べ1.6万人超の独自調査、豊富なデータから未来像を描き出す。

未来調査2026 全産業編

  • ■価格:○書籍とオンラインサービスのセット:880,000円(10%税込)
  • ※書籍のみの販売はありません。
  • ※オンラインサービスのご利用開始日11月17日になります。
  • ■著者:日経BP 総合研究所 未来ビジネス調査チーム
  • ■2021年11月12日発行
  • ■レポート:A4判、316ページ
  • ■発行:日経BP
  • Online見積書はこちら、経理処理のご相談はこちらから

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

ビジネスパーソンへの調査を基に5年後の未来を産業別に“見える化”グラフを250点以上掲載!

様々な業界の経営企画、事業開発などにおいて、戦略・新規ビジネスの検討、企画・提案を行なう際に即役立つエビデンスデータ集としても活用いただけます。

日経BP 総合研究所が2020年春から継続している大規模調査プロジェクト「5年後の未来に関する調査」。脱炭素やDX、ESG、働き方改革、ウェルビーイングなどの実像と未来の評価について、企業の経営者/マネジメント層を中心にこの1年半で全30業種の延べ1万6000人から回答を得ました。新型コロナのパンデミックで一気に変容した社会の中で、新しい事業や商品、技術の開発を取り巻く環境はどう変わっているのか。「ビジネス投資/人材戦略」「カーボンニュートラル/ESG」「働き方/街/生活の変化」「テクノロジー」などの5領域、19分野について、社会的な背景に基づく定量・客観的なアプローチで回答を詳細に分析。250を超える豊富なビジュアルデータを組み合わせて、50以上のテーマ、30の注目テクノロジー、7つの産業別に未来像を立体的に提示します。様々な業界における事業戦略の立案や新規事業・商品企画の推進で必要となる未来のエビデンス(客観的な裏付け)を集めた未来調査の決定版レポートです。

調査概要

日経BP 総合研究所 未来ビジネス調査チームは「5年後の未来に関する調査」を企画し、2020年5月からこれまで(2021年10月時点)に15回の調査を実施し、累計1万6000人を超えるビジネスパーソンから回答を得ました。

本調査で取り上げるテーマは一度きりの実施に終始せず、定期的に実施しています。定期的に同様なテーマを調査することで、パンデミックをはじめとする大きなイベント直後に大きく振れるビジネスパーソンの意識変化だけでなく、その変化が今後、どれくらいの比率で定着しつつあるのか、あるいは中長期的な観点で社会受容性がどう変化するのかを把握できます。

「未来調査2026 全産業編」は、「5年後の未来に関する調査」の結果を基に、今後5年間で起こりうる社会動向や各分野でのトピックスを交えて、様々な業界に向けて事業戦略や新規事業、商品企画を推進するために必要となる未来に対するエビデンス(客観的な裏付け)を提供します。

「5年後の未来に関する調査」一覧

「5年後の未来に関する調査」一覧

画像のクリックで拡大表示

「5年後の未来に関する調査」で
聞いた5年後に関する主な定点観測項目

「5年後の未来に関する調査」で聞いた5年後に関する主な定点観測項目

画像のクリックで拡大表示

「未来調査2026 全産業編」 目次

タイトルをタップすると詳細を表示します。

タイトルをタップすると詳細を表示します。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

この商品にご関心の方にお薦めします