TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > セクハラがなくなる話し方・接し方

セクハラがなくなる話し方・接し方 [DVD]

商品画像 セクハラがなくなる話し方・接し方

YES / NOを自然に言える人間関係を作る

  • 発行:日本経済新聞出版社
  • 監修:平木典子(日本女子大学教授)
  • DVD(全1巻 約30分)
  • 対象:全従業員

価格: 38,000円+税

カートに入れる

セクハラを生むコミュニケーション・ギャップを解消

●NOの意思表示、できていますか??

上司から望まない食事の誘いや不快な性的言動があったらどうしますか?黙って我慢したり無視したりはしていませんか。しかし本当はイヤという意思をキチンと相手に伝える必要があります。「そんなつもりではなかった」「了解しているものだと思っていた」一こんなふうに誤解されたり、相手に都合のいいように解釈される恐れがあるからです。

●相手を不快にしていませんか?

相手の話に聴く耳を持たなかったり、怒鳴り散らして自分の意見を無理に押し通したり、策を練って相手を動かそうとしたりしていませんか。自分ではうまくやったつもりでも、相手には不快感や怒りが生まれてしまう。そんな言動はありませんか? 。

●小さなギャップも積み重なれば…

言いたいことも言わない非主張的な自己表現も、自分中心で他者を押しのけても自分を通す攻撃的な自己表現も、日常生活では特に意識しないまま、つい行いがちです。しかし小さな誤解や不快感でも、積み重なっていけば、セクシュアル・ハラスメントを生み出す土壌になったり、職場の円滑な人間関係を損なう背景にもなったりするのです。

●定評ある心理学の手法でスキルを解説

そこで、このビデオでは、アサーション※(自己表現)という心理学の考え方・トレーニング法に基づき、日常のコミュニケーションを見直すきっかけと、より良いコミュニケーションのためのスキル、そして場面ごとの実践方法を紹介します。誤解から生まれるセクハラを減らしていくために、職場の人間関係を円滑にするために、ぜひ本ビデオをご活用ください。

※アサーションとは?
たとえば列に割り込まれたとき。気分は悪いのに何も言わずにやり過ごすか、怒鳴りつけるか、それとも…。お互いを大切にしながら、それでも率直に素直にコミュニケーションをする自己表現方法がアサーションです。効果的・積極的な人間関係の促進のために広く活用されています。

DVD収録内容

■セクハラとコミュニケーション・ギャップ
■問題コミュニケーション<モデルケース1>
■問題コミュニケーション<モデルケース2>
■自己表現を3パターンに整理して考えよう
■モデルケースのどこが問題か検証しよう
■アサーティブな自己表現をするために
■アサーティブな自己表現を実践する
■ さまざまな場面での対応方法

価格: 38,000円+税

カートに入れる