TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > テレワーク環境でのマネジメント

管理職なら知っておきたい!テレワーク環境でのマネジメント [DVD]

商品画像 テレワーク環境でのマネジメント

「コロナ禍での新しい働き方」におけるマネジメント

  • 発行:日経BP 日本経済新聞出版本部
  • 発売:2022年7月
  • 監修:杉浦 正和(早稲田大学ビジネススクール教授)
  • DVD全2巻

オンライン上で、日経DVDのご利用をご希望される場合は、コチラをご覧ください

※ご購入商品は発売日以降、順次発送いたします。
※ご購入検討用の貸出サンプルDVDは数量が限られているため、発売日以降、順番に発送します。ご了承ください。

下記より商品をお選びください。

全巻セット 110,000円(税込)
第1巻:部下とのコミュニケーション編 55,000円(税込)
第2巻:労務管理編 55,000円(税込)

カートに入れる

※左側より商品をお選びください。

コロナ禍での新しい働き方において、管理職は部下をどうマネージすべきか

 お互いに顔を合わせる機会が減少するという「コロナ禍での新しい働き方」においては、管理職が部下の育成や評価を適切に行うことがとても難しくなりました。また同時に、「テレワーク環境における労務管理」という新たな問題が多くの管理職を悩ませています。

 本DVDでは、管理職が新たに対応すべきテレワーク環境でのマネジメントを、最新の事例を用いたドラマ&解説で学べます。世界的なコンサルティングファームでのアドバイザリーの経験、グローバル企業で人事部門を歴任した、早稲田大学ビジネススクールの杉浦正和教授による監修で、今の時代の管理職研修に最適な教材です。

DVDおすすめポイント

ワンテーマ4分でわかる!ミニドラマで学ぶ研修教材。

 各巻5つの独立したドラマストーリーになっているので、各テーマを個別視聴することも可能。限られた時間内での研修でも使いやすい構成になっています。ミニドラマと解説でテンポよく、短時間で学べます。

DVD収録内容

第1巻 部下とのコミュニケーション編(収録時間 約23分)

  • マネジメントの難易度が上がる。どこに時間をかけるべきか
  • テレワークを権利として主張する部下
  • テレワーク頻度の違いにより不満が溜まっている部下
  • 「現状維持で十分」と思っている部下
  • 「テレワークになり頑張りが評価されない」と不満を漏らす部下

第2巻 労務管理編(収録時間 約23分)

  • テレワーク下でダラダラ残業する部下
  • テレワーク下での休憩時間
  • 派遣社員もテレワークにしていいのか
  • 休みの日を勝手に変更していいのか
  • パートタイム労働者がテレワークを希望した場合、拒否していいのか

下記より商品をお選びください。

全巻セット 110,000円(税込)
第1巻:部下とのコミュニケーション編 55,000円(税込)
第2巻:労務管理編 55,000円(税込)

カートに入れる

※左側より商品をお選びください。