IoTセンサー未来戦略

IoTセンサー未来戦略

ユーザー満足度調査、市場規模・開発トレンド分析

IoTセンサー未来戦略

  • ■編集者:日経クロステック 編集委員 松山貴之
    日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
    上席研究員 三好敏
  • ■2020年10月20日発行
  • ■レポート:A4変型判、約400ページ
  • ■日経BP発行
  • ■書籍 + オンラインサービスセット本体980,000円+税
    書籍のみ800,000円+税
  • Online見積書はこちら、経理処理のご相談はこちらから

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

IoTセンサーの成長分野、ユーザー満足度、開発トレンドが明らかに

いまだに混沌としていると言われるセンサー市場。導入企業から見ればセンサー選びに必要な情報が圧倒的に不足しており、一方センサーメーカーから見るとどの分野に投資すれば良いのか、既存のセンサーをどのように改良すれば良いかが見えにくい状況です。

IoTセンサーは、業界として認知された分類さえまだありません。そこで本レポートでは、まず24種類の「IoTセンサータイプ」を分類し、センサータイプ別の特徴や用途を解説。分類の軸が定まったことで、市場や応用分野の動向、センサーを利活用している274社に聞いた選定理由・満足度調査など、あらゆる角度からIoTセンサーの分析と解説を緻密に描き出すことが可能になりました。

ささらに特許情報から見えてくる「技術と応用のトレンド」や、GAFAMを含めた「次世代技術の動向」もわかりやすく可視化しています。

IoTを導入する企業やセンサーを開発するメーカー双方にとって、必須情報が凝縮された調査分析レポートです。

要素1 IoTセンサー総覧 
機能・特徴分析

最適なセンサー選びに
必要な情報を網羅

要素2 ユーザー274社 選定理由・満足度調査

どこが不満でどこに期待して
いるのか?全1,100回答を分析

要素3 市場規模分析

企業別シェア、応用分野別シェア、応用分野別成長率
今後投資すべき分野や改良すべき
機能、ニーズがわかる

要素4 技術・開発トレンド

特許・俯瞰解析から注目メーカーとGAFAMの戦略を読み解く

こんな方にお勧めです!

  • IoT導入を検討している新規事業担当者
  • センサーメーカーで、経営計画の立案に携わる方、製品開発に携わる方
  • 自社製品に組み込むセンサーを探しているメーカーの方
  • 顧客企業へのDX提案を行うITベンダー、コンサルタントの方

「IoTセンサー未来戦略」 目次

タイトルをタップすると詳細を表示します。

※内容は変更になる場合があります。

活用事例をご紹介します

未来予測の調査・研究レポートで事業創出 / ユニアデックス株式会社

ユニアデックス株式会社様では、未来予測を担う新部門として「未来サービス研究所」を創設。その事業をサポートする調査資料として日経BP未来研究所『メガトレンド』を採用しました。膨大な文献や統計データを独自の視点で分析した未来予測情報を活かして、新たな企業戦略立案や新事業創出に挑んでいます。

詳しく見る

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018