TOP > ビジネスソリューション > 調査レポート・専門書 > グリーン・デジタル社会をつくる インフラ事業構築&投資戦略

グリーン・デジタル社会をつくるインフラ事業構築&投資戦略

グリーン・デジタル社会をつくる

インフラ事業構築
&投資戦略

  • ■著者:インフラビジネスパートナーズ共同代表
    平島寛、菅健彦/
    日経クロステック 荻原博之
  • ■価格:書籍のみ:660,000円(10%税込)
    書籍+オンラインサービス:990,000円(10%税込)
  • ■発行日:2021年12月14日予定
  • ■仕様:A4変型判、約400ページ
  • ■発行:日経BP
  • Online見積書はこちら、経理処理のご相談はこちらから

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

巨大な「未開拓市場」がここに!
「グリーン・デジタル・インフラ」市場は100兆円。
有望領域はどこか、誰と組み、どう参画すべきか。
事業化手法から収益・リスク特性まで、「インフラ事業」参入に必要な全情報を網羅。

「グリーン・デジタル時代」の到来を前に、「新たなインフラ」への投資・構築という大きな事業機会が生まれつつあります。洋上風力発電の市場規模は2030年までに累計5兆~6兆円、燃料アンモニアは2050年には年1.7兆円規模に、国内データセンター整備資金が2024年までに2兆円、MaaSは2030年までに6兆円以上の経済効果をもたらすと予測されています。現状の公共インフラ投資(年間約30兆円)に、 “次世代型インフラ”を加えると、インフラ投資ビジネスの市場規模は2030年までの累計でおよそ400兆円にまで拡大します。

本レポートは、企業や自治体がインフラ投資・構築ビジネスに参画するための必須情報を凝縮しました。まず、有望領域ごとの市場規模を提示。次に、参画するための事業化手法や稼ぎ方、リスクの把握と対処法など戦略立案に必要な情報を解説。さらに、先進企業の動向分析では、参考となる海外企業のビジネスモデルなども詳しく紹介しています。中長期にわたって利益を期待できる、数少ない成長市場にどう挑むのか。事業戦略立案に必要な情報を網羅した1冊となっています。

本書の特徴

特長1 グリーン・デジタルインフラなどの市場規模、
中長期展望、開発トレンド

有望領域は?
政策・市場・開発投資
トレンドを徹底調査

グリーン・エネルギーインフラ市場予測

  • 太陽光発電…2030年に100G~125GW導入で電源構成比率15%に
  • 風力発電/洋上風力発電…2030年に10GW、2040年には30G~45GWへ
  • バイオマス発電…2025年に5000億円、2030年に電源構成比率5%
  • 地熱発電…2030年頃に1.4G~1.5GWで電源構成比率1%に
  • 廃棄物発電…高効率エネルギー回収を確保する技術開発
  • 水素サプライチェーン…2030年に300万t、2050年に2000万t導入
  • 燃料アンモニア…2030年に石炭火力の20%混焼を実用化
  • CO2回収・利用・貯留システム…2023年に商用規模の技術確立、2030年に実装
  • エネルギー貯蔵施設…2030年までに蓄電池の累積導入量は24GWh
  • 地域間送電網…洋上風力発電の進展で3.8兆~4.8兆円の投資シナリオも
  • 電気自動車向け急速充電設備…2030年までに3万基整備
  • 森林・林業・木材産業…2030年の木材供給量は20年比35%増の4200万m2
  • ESG投資…2025年の世界の運用資産は53兆~62兆米ドルに

デジタル・スマート・モビリティ
インフラ市場予測

  • 携帯基地局(タワーシェアリング)…2023年度末までに5G基地局は28万局以上
  • データセンター…2024年の国内データセンターサービス市場は2兆円
  • スマートポール…2027年の世界市場は292億米ドル
  • MaaS…2030年の国内サービス事業者の売上高は6兆円
  • 空飛ぶクルマ…2023年に商用サービス開始、2030年には市場規模6500億円に
  • ドローン…2025年度に国内ビジネス市場は6468億円
  • スマートシティ/スーパーシティ…都市OS実装エリアは2030年度に累計335件
  • 宇宙関連施設…2030年代早期までに国内ビジネス市場を年間1.2兆円に

特長2 【独自調査】
参入・投資意向調査

日本企業はどの分野への
参入意向が強いのか。
海外主要プレーヤーの
日本進出意欲は?

特長3 インフラ事業・投資の
事業スキームを提示

誰と組み、どう参入するか。
国内外の実例を交えて解説

特長4 収益モデルを描く
事業特性別・参画
シミュレーション

セクター別収益特性・実績から
リスクの種類、発現時期、
事例まで提示

特長5 主要プレーヤー
(企業・投資家)最新戦略・
動向レポート

日本企業が参考にすべき
海外プレーヤーの戦略は?
先行する国内11社、
海外30社の動きを分析

グリーン・デジタル社会を
つくるインフラ事業構築
&投資戦略 【目次】

タイトルをタップすると詳細を表示します。

図表一覧
100点以上の図表を収録。「オンラインサービス」セットをご購入の場合、ダウンロードして企画書などにご利用いただけます。

※目次は変更になる場合があります

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018