TOP > ビジネスソリューション > 人材育成・組織開発支援 > 日経エネルギーNext経営塾【電力市場価格講座】完全理解!電力市場価格はこう決まる

日経エネルギーNext経営塾【電力市場価格講座】完全理解!電力市場価格はこう決まる

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

ボタン_001

ボタン_021

日経エネルギーNext経営塾 【電力市場価格講座】
完全理解!電力市場価格はこう決まる

需給・燃料・気象の読み方から、先物市場の活用法まで徹底マスター

開催概要

日程 2019年11月18日(月)14:00~17:00(開場 13:30)
会場 日経BP 本館5階セミナールーム
〒105-8308 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号
※東京メトロ日比谷線「神谷町駅」 4b出口より徒歩5分
※東京メトロ南北線 「六本木一丁目駅」 泉ガーデン出口より徒歩7分
受講費 1名 50,000円+税
定員 50名
対象 エネルギービジネスに従事される方、関心のある方
エネルギー事業者向けのビジネスに従事される方
電力取引や燃料取引に関わりのある方
新電力において受給管理業務に従事される方
主催 日経BP 日経BP総研

※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。

※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。

※講師の急病、天災その他の不可抗力、又はその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

ボタン_001

ボタン_021

セミナーのポイント

1.知っているようで知らない「電力市場価格が決まるメカニズム」を理解します

2.燃料価格、気象、需要の分析方法を学び、電力市場価格が予測できるようになります

3.9月17日に試験上場がスタートした「電力先物」の活用方法を学びます

今冬もJEPXは高騰する?
いまさら聞けない電力市場価格が決まるメカニズムを理解する

電力市場価格の変動は新電力事業の収益に直結します。
今冬が厳しい寒さとなれば、再びJEPX価格は高騰し、ダメージを受ける新電力は少なくないでしょう。

こうした状況を少しでも予見できれば、備えることができます。ところが、電力価格がどうやって決まっているのか、正確に理解できていない人も少なくありません。

そこで、新電力の経営課題解決に取り組む「日経エネルギーNext経営塾」は、いまさら聞けない「電力市場価格のメカニズム」をテーマにした講座を開催します。電力市場価格を形成する基本的な構造を理解し、価格変動を予測する力を身に付けていただけます。

第1部では、需給管理のプロであるAnPrenergyの村谷氏から、基本的なメカニズムを解説します。電力価格の変動要素である「需給」「燃料」「気象」の特性を理解し、大手電力の発電所の稼働状況なども含めて、市場価格を予想するためのデータ収集方法も学びます。
さらに、JEPXや相対取引、9月17日に試験上場がスタートした「電力先物」をどう組み合わせ、活用すれば良いのか解説します。

第2部では、エネルギーアナリストの大場氏にグローバルな燃料動向の読み解き方を講義いただきます。日本の電力価格を大きく左右するのがLNG火力発電のコスト。いまだにLNG価格は原油価格と連動する部分が大きいため、グローバルのマクロな動向を把握しておくことが欠かせません。

需給管理のプロと呼ばれる人たちは、電力市場価格の変動を一定予測したうえで、電源調達戦略を立案しています。JEPX価格の変動に一喜一憂し、業績が大きく左右される状況は、一刻も早く脱却すべきです。

本講座で電力市場価格への深い理解力を身に着け、新電力事業の基盤を固めてください。

ボタン_001

ボタン_021

プログラム

14:00~14:45

電力市場価格の決定メカニズムを学ぶ

まず、電力市場価格を構成する要素とその関係性について学びます。変動要素である「需給」「燃料」「気象」の特性を理解し、最新データを読み解く方法を学びます。各要素がどのように関係し、市場価格に現れるのか。需給管理のプロである講師のノウハウを伝授します。さらに、JEPXや相対取引、9月17日に試験上場がスタートした「電力先物」の活用方法を解説します。

14:45~15:30

グローバルの燃料動向を読み解く

電力市場価格の構成要素の中で、最も予測が難しいのが燃料価格でしょう。トランプ大統領の発言やサウジアラビア石油施設攻撃など、燃料価格を揺さぶるトピックスも目白押しです。国内火力の発電コストを決めるLNG価格は、今なお原油価格と連動しています。原油価格や産油国の情勢を理解し、中⾧期の見通しを持つことが、電力市場価格の予測には不可欠です。グローバルな資源動向に精通した講師が、足元から中⾧期の見立てをお話します。

15:30~15:40

休憩

15:40~16:10

トークセッション

講師2人によるトークセッションで理解を深めます。

16:10~17:00

交流会

講師プロフィール

村谷 敬

株式会社AnPrenergy 代表取締役

成蹊大学法学部法律学科卒業後、村谷法務行政書士事務所所長としてエネルギー法務に従事。再エネ発電所の農地転用、都市計画法上の各種許可、企業・住民間のトラブル対応を担当。その後、エナリス、エプコにて需給管理に関する知識を習得するとともに、地域新電力の立上げや運用支援を手がける。2017年に株式会社AnPrenergy設立。新電力20社の需給管理人材育成、電源交渉支援、事業企画支援を行う。

大場 紀章

エネルギーアナリスト

1979年生まれ。京都大学大学院理学研究科博士後期課程を単位取得退学後、トヨタ系のシンクタンクであるテクノバに入社。2015年より独立し、エネルギー安全保障、次世代自動車、人工知能、データサイエンスなどの分野で幅広く調査分析を行っている。

ボタン_001

ボタン_021