TOP > ビジネスソリューション > 調査レポート・専門書 > テクノロジー・ロードマップ

『テクノロジー・ロード
マップ』シリーズ

未来のマーケット・ニーズを予測し、そこから求められる機能、実現するために必要な技術を推定する
アプローチ手法で、今後10年の技術進化を予測。
すでに、1,700を超える技術系・研究機関にて、R&D戦略の立案ツールとしてご活用いただいています。

 バーをプルダウンして他の詳細ページもご覧ください。

テクノロジー・ロードマップ2023-2032自動車・エネルギー編

R&D戦略立案の決定版

テクノロジー・ロードマップ
2023-2032
自動車・エネルギー編

  • ■価格
    書籍とオンラインサービスのセット:742,500円(10%税込)
    書籍のみ:495,000円(10%税込)
  • ■著者:出川 通、他36名
  • ■2023年1月31日発行
  • ■レポート:A4判、約350ページ
  • ■発行:日経BP
  • 経理処理のご相談はこちらから
  • 前作の「テクノロジー・ロードマップ2021-2030自動車・エネルギー編」
    こちら

オンライン見積りはこちら

本レポートの見積書を希望される方は こちら からダウンロードください

オンライン[レポート検索・生成]サービス

本レポートを手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスが始まりました。詳しくはこちらを ご覧ください。

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018

本書の特徴

特徴1自動車・エネルギー分野における68の重要テーマについて、今後10年の技術進化を予測。

特徴2まず「市場ニーズ」を予測、それを満たす「商品機能」を定義、その機能を実現する「技術」を提示するというアプローチ法で作成。

特徴3一つの技術テーマに関して、「2ページの解説記事と1枚のロードマップ」で簡潔明瞭に未来の市場の姿と技術の進化を提示。

 

本当のモビリティー革命が、これから始まる68の重要技術の進化を予測

新型コロナウイルスがもたらしたパンデミックの長期化、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻、そして、これらに伴って起こった世界のサプライチェーンの混乱やエネルギー価格の高騰は、世界の自動車・エネルギー産業に大きな影響をもたらしています。同時に、CASEに代表されるクルマの電動化や知能化は、ますます加速しています。こうした時代の変化を背景に、本レポートは『テクノロジー・ロードマップ2021-2030自動車・エネルギー編』を2年ぶりに全面刷新し、汎用EVプラットフォーム、ビークルOS、UL4600、新世代モーター、太陽光発電、風力発電など、新たな9つの技術テーマを含む、自動車・エネルギー分野における68の重要テーマについて、これから10年の技術進化を予測します。

テクノロジーロードマップ2023-2032 自動車・エネルギー編【目次】

タイトルをタップすると詳細を表示します。

※内容は変更になる場合があります。

ご購入検討用に、本レポートの内容を実際にご確認いただくことができます

事前に本レポートの閲覧を希望される場合は、「資料請求・お問い合わせ」フォームの「お問い合わせ内容」欄に "閲覧希望" とご入力のうえご連絡ください。折り返し、小社営業担当者からご連絡させていただきます。

活用事例をご紹介します

未来予測の調査・研究レポートで事業創出 / ユニアデックス株式会社

ユニアデックス株式会社様では、未来予測を担う新部門として「未来サービス研究所」を創設。その事業をサポートする調査資料として日経BP未来研究所『メガトレンド』を採用しました。膨大な文献や統計データを独自の視点で分析した未来予測情報を活かして、新たな企業戦略立案や新事業創出に挑んでいます。

詳しく見る

ボタン_067

ボタン_001

ボタン_018